オイルケア 合わない

ホホバオイルの凄い効果

ホホバオイルの効能や効果などの豆知識や、美容や育毛に関する情報を解説しています。

オイルケアで肌に合わないオイルをリスクなく探し出す方法とは?



オイルケア 合わない

オイルケアが合わない体質、肌質の方もいらっしゃるので、初めてスキンケアにオイルを使用する時は必ずパッチテストを行いましょう

 

特にオイルでフェイスケアをする時、顔の皮膚は一際デリケートなので注意が必要です。

 

オリーブオイルなら問題なかったのにココナッツオイルに切り替えたらあまり馴染まない・・・なんてケースも珍しくありません。

 

各オイルの特徴や注意事項を覚えよう!

 

同じオイルケアでも、使うオイルの種類によって浸透性や保湿効果には差があり、注意事項も違います

 

例えば髪のオイルケアにぴったりな椿油は乾きにくく、酸化しにくい特性がある為保管もしやすく、保湿対策、保護対策にぴったりです。

 

また、肌の水分バランスを正常化し豊富な栄養素を補うのに最適なローズヒップオイルの酸化速度は非常に早いので、管理に気をつけなくてはなりません。

 

 
一旦ボトルを開封したらローズヒップオイルは遅くても3ヶ月以内には使い切ってしまう必要があります。

 

副作用の心配がほとんどないスクワランオイルは、敏感肌やアトピー性皮膚炎を患っている肌にも安心して使いやすいでしょう。

 

植物性ではなく、鮫の肝臓から主成分のスクワレンが抽出されます。

 

ちなみに、オリーブオイルのように食用にも使えるオイルもたくさんありますが、マッサージなどオイルケアに使う時は美容専用のものを使いましょう。

 

美容オイルは肌に浸透しやすいよう不純物が除去されていますが、食用オイルは精製度を低くして風味の方が重視されています。

 

 
きちんと濾過されていないまま食用オイルを皮膚に直接つけてしまうと、肌荒れの原因にもなりかねません。

 

スポンサード リンク


 

この記事に関連する記事一覧

よく読まれている人気記事
最近の投稿