オイルケア 髪

ホホバオイルの凄い効果

ホホバオイルの効能や効果などの豆知識や、美容や育毛に関する情報を解説しています。

髪のオイルケアがベタベタしすぎて上手くいかない時のコツとは?



髪 オイルケア

オイルケアは髪にもぴったりで、悪化したヘアコンディションを艶々に蘇らせる効果を期待することができます。

 

もちろん、一旦剥がれ落ちてしまった髪のキューティクルが復活することはありませんが、オイルケアでコーティングすることで見た目と手触りの素晴らしさを補うことは可能です。

 

また、定期的に髪をオイルでお手入れすることで髪が膜で覆われた状態になり、傷みをガードする効果も

 

髪をオイルケアするとベタベタし過ぎて上手くいかない、とお悩みの方もいらっしゃいますよね。

 

確かにオイルを髪に直接つけてしまうと、サラサラヘアとはほど遠いギトギトした状態になりやすいかも知れません。

 

オイルケアで髪がギトギトにならないためのポイント

 

もしダイレクトにつけるなら、毛先だけに留め、髪全体には水で薄めてスプレーすると丁度良く馴染みます

 

 
オススメは、シャンプー前のオイルケアです。

 

オイルを頭皮と髪にすり込み、タオルで巻いてしばらく半身浴を楽しんで下さい。

 

身体が温まる頃シャンプーで髪を洗うと、驚くほどツルツルに洗い上がります。

 

傷みが激しくなければ、トリートメントやコンディショナーも要らないぐらい、高い保湿効果を得ることができます。

 

パサパサして光沢を失ってしまったドライ・ヘアにぴったりのオイルケア方法ですから、是非試してみて下さい。

 

髪のオイルケアに向いているのは、椿油やココナッツオイル、アルガンオイル等など。

 

ただしココナッツオイルは気温が低いと固まりやすいので、寒い冬場のお手入れには不向きかも知れません。

 

スポンサード リンク


 

タグ :

オイルケア

この記事に関連する記事一覧

よく読まれている人気記事
最近の投稿