ホホバオイル

ホホバオイルの凄い効果

ホホバオイルの効能や効果などの豆知識や、美容や育毛に関する情報を解説しています。

アロマオイルとお湯だけで簡単!簡易アロマテラピーの方法とは?

お湯 アロマ

アロマオイルとお湯だけでも、本格的なアロマテラピーをすることができます。

 

アロマテラピーとは、アロマオイルの香りを嗅ぐことで心身を癒すトリートメント療法です。

 

ディフューザーのような専門器具がないとアロマオイルを楽しむことができないと誤解している方も多いようですが、実はお湯にアロマオイルを垂らすだけでも立派な芳香療法になります。

 

例えばうだるように暑い夏、レモンやペパーミントなど爽やかなアロマオイルをお湯に垂らせば、部屋の温度は変わらなくても気分は驚く程爽快になります。

 

お湯とコップだけで簡単にできる簡易アロマテラピー

 

使わなくなったマグカップなど容器をお湯で満たし、お気に入りのアロマオイルを数滴垂らしてみて下さい。

 

簡易アロマテラピー

 

※揮発し空中に広がったアロマオイルの芳香成分を深く吸い込むトリートメント方法は、蒸気吸入法とも呼ばれます。

 

 

身体を冷やす冷房はできるだけ使いたくない、なんて美意識、健康意識の高い方にもぴったりのアロマオイル活用方法です。

 

仕事やプライベートで疲れてしまって無気力状態になってしまった時は、ジュニパーベリーゼラニウムなどのアロマオイルをお湯に垂らしてみて下さい。

 

深くリラックスした後、自然にエネルギッシュな気持ちを取り戻している筈です。香りを嗅ぐだけで心身に作用することを不思議に感じるかも知れません。

 

けれど元々アロマオイルは医療として使われていた程、心身に作用する力があります。アロマの種類によっては、免疫系や神経、内分泌系に働きかけます。

 

 
まずはお気に入りのアロマオイルを直感で選び、静かな環境でひたすら香りに集中し、アロマテラピーの素晴らしさをご自身で体験してみてはいかがでしょうか。

アロマオイルの選び方はオーガニックのモノの方が良い理由とは?

オーガニック アロマ

アロマオイルはオーガニックのものがベストとされています。

 

なぜなら、せっかくアロマオイルの芳しい香りを堪能しても、添加物、不純物の多い製品だと余計なものまで体内に吸い込んでしまう恐れがあるからです。

 

お香も、最近ではオーガニックのものがよく売れています。

 

ただ、アロマオイルのオーガニック製品はそれなりの価格がつけられている為、高い値段がネックになって購入をためらっている方もいらっしゃると思います。

 

予算の範囲内で楽しむのが一番なので無理をして手持ちのアロマオイル全部をオーガニックで揃える必要はありませんが、頻繁に使うものだけでも品質にこだわってみてはいかがでしょうか。

 

安いアロマオイルは1瓶100円程度で売られているけど…

 

もちろん安いものがすべて悪いとは言えませんが、本来持つそのアロマオイルの効能を享受する為にはオーガニック製品が理想的です。

 

不純物が混ざれば混ざる程、各々のアロマオイルが持つ元々の作用、働きは発揮されません。

 

例えば同じラベンダーでも、本物のラベンダーから有効成分を抽出したものとラベンダーの香りを真似して人工的に合成したものはまったく別物です。

 

 
合成香料では、本物のラベンダーがもたらす安眠効果どころか、頭痛や不快感を覚えるケースも。

 

単純に芳香剤としてラベンダーの香りを漂わせておきたい、と言うことであれば必ずしもオーガニックにこだわる必要はありません。

 

けれど炊いて香りを深く吸い込む時やマッサージに使う時などは100%ピュアな精油、しかもオーガニックだと安心です。

 

入手困難!?レアなアロマオイル「ガーデニア」の3つの魅力とは?

ガーデニア アロマ

アロマオイルのガーデニアは大変貴重で、原料となるくちなしの花から香料を抽出する作業が難しい為、市場に市販品が出回ることは滅多にありません。

 

見つけたら本当にラッキーなので、喜びましょう。専門店でも中々出回らない種類です。「ガーデニアを置いてありますか?」と尋ねれば、店員さんにも「上級者だな」と思われるでしょう。

 

ガーデニアはオリエンタルな雰囲気たっぷりのスイートな花の香りが特徴的です。ただし、香りは結構強いので、そのまま嗅ぐときつく感じるかも知れません。薄めた方が本来の花の香りに近づきます。

 

100倍から1000倍まで薄めないと、濃厚過ぎる香りにクラクラするかも知れません。ガーデニアほど、ダイレクトに嗅いだ時と薄めた時の香りが違うアロマオイルはありません。

 

異常な香りの甘さがあるガーデニア

 

いずれにしても、官能的なまでに甘いのに気品を失わない上質の香りです。

 

ガーデニアは消炎、利尿作用目的の漢方薬として処方されることもある程、免疫力向上作用、止血作用や胆汁増加作用など、医療的な効能を多く持ちます

 

抗細菌作用、抗感染作用、抗ウイルス作用の他、外用に用いることで打撲傷や腰痛にも優れた効果を発揮すると言われています。

 

 
精神的にも、ガーデニアは深いリラクゼーション効果を得られます。花の香りに包まれ、心身を癒すガーデニアアロマテラピーは最高の贅沢ですね。

また、防虫効果も発揮するので虫が気になる暑い夏の夜は、ガーデニアをお部屋で焚いて快適な空間をキープしましょう。

 

イライラした時に効果的な5つのおすすめアロマオイルとは?

イライラ アロマ

アロマオイルでイライラする気持ちから解放されたいなら、香りを嗅ぐだけで気分が明るくなるオレンジ・スィートをまずは試してみて下さい。

 

よほど癖のある香りではない限り、果物の香りが嫌いと言う方はいません。

 

オレンジなどの柑橘系の香りは、特に万人受けする香りです。

 

ハンカチに1滴か2滴染みこませ、イライラした時に取り出して鼻にあてたとしても、周囲を不快にさせることはない筈です。

 

イライラしていて疲れている時は、苦味と甘味が適度にミックスしているネロリもオススメです。

 

同じイライラでも、プレッシャーによって神経が過敏になっている時は爽やかな柑橘系と甘いフローラルの香りがほどよく混ざったプチグレンが効果的です。

 

精神的な苦痛を与えられてしまった時は、青林檎のような爽やかな香りが特徴的なカモミールの香りを嗅ぐと瞬時にリラクゼーション効果を味わうことができるでしょう。

 

 
少々癖があるので好き嫌いが分かれる香りですが、イランイランのエキゾチックな香りは、強い緊張や不安の緩和にもよく効きます。

 

このように、同じイライラでも緊張から来るイライラなのか、疲れから来るイライラなのか、神経が尖っている理由によって最適なアロマオイルは異なります。

 

細かく使い分ければ、ご自身のストレスに押し潰されることなくうまくコントロールすることができるようになります。

 

また、こういったアロマオイルはイライラした時だけ一定時間香りを吸い込むことが重要で、何時間も部屋で焚きっぱなしにするような使い方は避けましょう。

 

鼻が慣れてしまって効果も感じにくくなりますし、アロマオイルの使い方にもメリハリが必要です。

 

アロマオイルでうつ症状を和らげることってできるの?

アロマ うつ

アロマオイルでうつの症状を和らげるには、まずは何も考えずに好きな香りを深く吸い込むことから始めましょう。

 

うつになりやすい方は、非常に真面目で努力家タイプが大半です。

 

従って、アロマオイルでうつに対処する時も「基本的な道具は全部揃えなければ」など本格的に取り組もうと頑張り過ぎてしまう傾向があります。

 

もちろん、アロマオイルの癒し効果を最大に引き出す為にも最低限の道具があると便利ですし、アロマオイルの知識が深ければ深い程、上手に活用することができます。

 

あれこれ考えずに好きな香りを直感で選ぶのも手!!

 

ただ、「専門書を購入して読破してからアロマオイルを買いに行こう」なんて考えてしまうとリラックスすることが難しくなります。

 

何も考えずに店舗に立ち寄って直感でオイルを決める方法もオススメですし、オンラインショップを利用する時も容器のデザインやオイルの名前でピンときたものを購入してみる方法も案外悪くありません。

 

特に精神的に弱っている時、不安定になっている時、無意識に自分に必要なものをチョイスする能力が人間には備わっているとも言われています。

 

 
一般的にはうつに効くアロマオイルは、ラベンダーやクラリセージ、ネロリなどです。

 

うつと言う病はセロトニン不足も原因の1つとして指摘されているのはご存じでしょうか。

 

これらのアロマオイルはセロトニンの分泌を促す成分、酢酸リナリルが豊富に含まれている為、うつ対策にはぴったりとされます。

 

その他、カモミールローマンも、酢酸リナリルの含有量が多く、神経障害や不安症の緩和にも効果的なアロマオイルです。

 

カモミールのアロマオイルには全然違う2種類がある!?

カモミール

アロマオイルのカモミールは非常にメジャーな種類です。強い癖のないカモミールティーも好まれるハーブティーですよね。

 

カモミールティーはヒステリー状態を鎮める効果、抑うつ状態から脱出する効果でも知られています。

 

さて、このカモミールのアロマオイルを買い求めようとして、ジャーマンとローマンの2種類あることに気づき、戸惑った方も多いのではないでしょうか。

 

実は、この2種類のアロマオイルは同じカモミールではあるものの、違うところも少なくありません。

 

ジャーマンとローマンは色からしてまったく別物

 

ジャーマンはアロマオイルの中でも大変珍しい青い色をしていますが、ローマンは若干黄色味を帯びた透明な色をしています。

 

アロマオイルのカラーから、ジャーマン・カモミールはブルー・カモミールと呼ばれることも。

 

ジャーマンは消炎作用、抗アレルギー作用に優れている為、マッサージオイル用に最適です。筋肉痛や皮膚の痒みが辛い時、試してみて下さい。

 

 
値段が高いのはローマンの方で、いわゆるカモミールの香りのイメージの「甘い林檎の香り」を持つのもこちらのアロマオイルです。

 

このスィートな香りによって、興奮した神経も沈静化することができ、高いリラクゼーション効果がもたらされます。芳香浴にぴったりのアロマオイルと言えます。

 

その他、香水の原料として使われることが多いワイルド・カモミールやスキンケア作用に優れたケープ・カモミールも密かな人気を集めています。

 

アトピーに相性の良い3つのアロマオイルとは?

アロマオイル アトピー

アロマオイルにアトピーを完治させる力はありませんが、治療中の苦痛を和らげる効果はおおいに期待することができます。

 

半ば諦めムードの中、絶望に打ちひしがれて治療に取り組んでいる重症患者さんも大勢いらっしゃいますが、軽症でもアトピー性皮膚炎との付き合いは長い期間に及びます。

 

辛い症状を少しでも緩和し、肌が安定するよう治療の道を探り続けなければなりませんが、同時に精神的な苦痛に関しても対策を練らなければなりません。

 

ストレスもまた、症状を悪化させる要因の1つ

 

そこで活躍するのが、香りを嗅いだだけで瞬時に気持ちを落ち着かせることができるアロマオイルです。

 

香りを嗅ぐだけで過酷な皮膚疾患が落ち着くなら苦労はしない・・・なんて頭から馬鹿にする方も少なくありません。

 

それでも、ストレスで症状がひどくなっている場合、イランイランやオレンジ・スィート、カモミールなどイライラに効くアロマオイルは試してみる価値がある筈です。

 

ただ、アロマオイルを嗅ぐと逆に肌の状態が悪くなる、なんて意見があることも事実です。

 

 
アトピー性皮膚炎は緊張性神経に分類される交感神経の刺激にも強く反応します。

 

けれど気持ちがほっと緩んだ時、副交感神経が優位になっている時も免疫システムが稼働し、症状が強く出る恐れがあります。

 

つまり、適度な緊張状態だと症状が沈静化しやすいようですが、アロマオイルでアトピーが沈静化するかどうか、是非一度実際に試してみてはいかがでしょうか。

 

よく読まれている人気記事
最近の投稿