ホホバオイル

ホホバオイルの凄い効果

ホホバオイルの効能や効果などの豆知識や、美容や育毛に関する情報を解説しています。

インフルエンザ対策にも有効な4種類のアロマオイルとは?

アロマ インフルエンザ

アロマオイルでインフルエンザを治療することはできませんが、感染しないよう予防することは可能です。

 

現在では主にリラクゼーション目的で使用されるアロマオイルですが、殺菌消毒効果に優れているアロマオイルは感染症対策にも役立って来ました

 

抗菌作用、抗ウイルス作用の高いユーカリ殺菌力の強いティートリーやペパーミントは玄関や寝室のフレグランスにも最適です。

 

上着やコートにほんの少しだけ垂らしておくだけで、外出先でもインフルエンザ菌を寄せつけにくくなります。

 

ラベンダーも素晴らしい抗ウイルス作用、抗菌作用を持つアロマオイルですが、ティートリー同様、免疫力や抗炎症作用も発揮するので風邪のひき始めにもぴったりです。

 

いずれにしても、こういったアロマオイルはインフルエンザ対策で重要な空気清浄力に秀でています。

 

アロマオイルも使うことができる加湿器やアロマランプ、ディフューザーなどを使用し、身の回りの空気を浄化しましょう。

 

お風呂場でインフルエンザ対策のアロマを使うポイント!

 

 
旅行先でアロマオイルによるインフルエンザの対策を実行する場合、洗面器にお湯を入れて空気洗浄効果の高いアロマオイルを垂らせばOKです。
余裕があれば、バスタオルをかぶって洗面器から立ち昇る蒸気を深く吸い込みましょう。

 

アロマオイルを垂らした洗面器のお湯に足を入れて温める足浴もオススメです。

 

ディフューザーを持ち歩くのは大変ですが、アロマオイルの小瓶なら気軽に持ち歩くことができますよね。

 

インフルエンザが流行する時期に、バッグに忍ばせておくと何かと重宝する筈です。

 

エレミのアロマオイルの効能の4つの魅力とは?

アロマオイル エレミ

アロマオイルのエレミの効能は多岐に渡ります。

 

まず、精神的に深いリラクゼーション状態に導いてくれる作用を発揮してくれます。

 

気持ちがざわざわしている時も、エレミの香りを嗅ぐと自然に穏やかな心情を取り戻すことができるので常備しておくとトラブル発生時にも役立つでしょう。

 

眠気を伴うリラクゼーション効果とは異なり、意識ははっきり保つことができますので、集中力を高めたい時や瞑想タイムにもぴったりのアロマオイルです。

 

身体に対しては、強い強壮効果によって免疫力を高める効能で知られています。

 

もっと丈夫になりたい、と願っている方にとってエレミは頼もしい存在になる筈です。

 

抗菌作用、痰を切る去痰作用にも優れている為、風邪のひきはじめにも重宝するアロマオイルです。

 

また、皮膚のコンディションを整える働きも発揮する為、エステティックサロンやマッサージサロンでも肌の保湿対策やアンチエイジング対策用のアロマオイルとして活躍しています。

 

エレミを原料に使っているヨーロッパの軟膏も少なくありません。

 

 
ただし、たまに皮膚の刺激を感じる方もいらっしゃる為、敏感肌の方はパッチテストで試した上で購入するかどうか決めた方が安心です。

肝心な香りは万人受けする爽やかな柑橘系がベースになっていますが、若干スパイシーさもあり、全体のジャンル分けではいわゆる樹脂系、ウッド系に分類されます。

 

フランキンセンスやミルラとよく似ているアロマオイルで、代替品として用いられることもあります。

 

初心者にはあまり聞き慣れない種類かも知れませんが、古代エジプト時代から重宝されて来た歴史のあるアロマオイルです。

 

歴史あるヴェレダのアロマオイル好きの女性が急増中!?

アロマ ヴェレダ

アロマオイルをヴェレダで購入する女性が急増中です。

 

オーガニックのアロマオイルを販売しているところは、結構限られていますよね。

 

その点、ヴェレダはオンラインショップもありますし、専門店の他、有名デパートにもヴェレダコーナーが設けられているので入手しやすいことも魅力の1つです。

 

ヴェレダは、既に100年間もの歴史を紡いできた老舗のアロマオイルブランドです。

 

植物の力を最大限まで引き出す為に、栽培法までこだわって製品を開発しています。

 

特にヒットしているのが、数種類のアロマオイルがブレンドされているボディオイルです。

 

アルニカマッサージオイルの魅力

 

肩や脚のマッサージにぴったりなアルニカマッサージオイルは、ロングセラーを記録している定番オイルです。

 

世界中で大ヒットしたホワイトバーチも、グレープフルーツの爽やかな香りが特徴的です。

 

最近はローズとネロリの香りのマザーズボディが、妊婦さんの間で非常に売れています。妊娠中の妊娠線予防にも効果的ですし、バストケアにもぴったりです。

 

 
バスミルクやローションなど、赤ちゃん用のベビーケアシリーズも好評です。

アロマオイルをヴェレダで買い求めようとチェックしたものの、あまりにも種類が多過ぎてどれを選んで良いものか戸惑ってしまうこともあるかも知れません。

 

そんな時は、専門店か専門スタッフが常駐しているデパートのヴェレダコーナーに足を運びましょう。スタッフが気軽に相談に応じてくれます。

 

また、現在恵比寿や吉祥寺など都内に5件ある直営店では、プレママを対象にしたセミナーなど各種セミナーやイベントなどを度々開催しています。

 

期間限定のトリートメントメニューも評判になっています。

 

アロマオイルのウォーマーってデュフューザーのことなの?

アロマ ウォーマー

アロマオイルのウォーマーは、アロマテラピーの定番アイテムで火や電気、お湯を使ってアロマオイルを温め、香りを際立たせます。

 

ウォーマーはデュフューザーとも呼ばれますが、お湯やキャンドルを使ったシンプルな構造のものはアロマポットと呼ばれます。

 

デュフューザーは、アロマポットの他、アロマドロップ式、アロマランプ式、超音波タイプに分類することができます。

 

アロマポットは火を使うので小さいお子さまやペットを室内で飼育しているご家庭では、注意が必要です。

 

キャンドルが燃えている間容器の温度も高くなるのでヤケドや空焚きにも気をつけなければなりません。

 

 
就寝前のリラックスタイムもそのまま寝てしまって火事になる心配があるので、使わない方が無難です。

 

壺型のガラス容器のアロマドロップ式なら、水も熱も使わず内臓ポンプの力でアロマオイルを気化させ、室内で良い香りを広げてくれます。

 

ただしオイルを薄めずにそのまま使う為、消費量が多く、香りが強く出過ぎると言うネックも。ショップではよく使われています。

 

アロマランプ式も電球の熱でアロマオイルを温め、香りを拡散させる為、火を使いたくない方にはぴったりです。

 

そして超音波で水に溶かしたアロマオイルをミスト状にして拡散させる超音波式も、火や熱を使用しない安全性の高いディフューザーです。

 

ただし超音波式のアロマウォーマーの拡散力はドロップ式には劣ります。

 

このように、同じウォーマーでも拡散の仕組みや特徴、注意点は異なりますから、お部屋の広さや用途に合わせてじっくり選びましょう。

 

よく読まれている人気記事
最近の投稿