ホホバオイル

ホホバオイルの凄い効果

ホホバオイルの効能や効果などの豆知識や、美容や育毛に関する情報を解説しています。

アロマオイルの虫除け効果と良く効くアロマとは?

虫除けアロマ

特に小さなお子さまやペットと暮らしている方は、蚊に刺されるのも怖いけれど威力が強い虫除けスプレーの健康被害問題にも不安を感じるのではないでしょうか。

 

実際、虫除けスプレーに含まれるディートと呼ばれる虫除け剤は健康被害をもたらす恐れがあるので注意が必要です。

 

日本では法律で最高12%までの濃度しか配合できないよう制限されていますが、そんな取り扱い要注意の成分入りのスプレーはなるべく使いたくありませんよね。

 

虫除けスプレーの怖い成分

 

たとえ12%以下のディート濃度でも、ディート入りの虫除けスプレーは6ヶ月未満の赤ちゃんには使えませんし、2歳未満なら1日1回、12歳未満でも1日最高3回までしか使用することができません。

 

もちろん、赤ちゃんやペットは自分で虫を追い払うのが難しい為、まったく防虫対策を行わないのも問題です。

 

そこで重宝するのが、デリケートな肌にも優しく作用するエッセンシャルオイルを使った虫除けスプレーです。

 

防虫効果の高いアロマオイル

 

アロマオイルの中には、防虫効果の高いものも少なくありません。

 

有名なのはゼラニウムですが、単独で使うよりもブレンドした方が相乗効果を狙える筈です。

 

 
ペパーミントやシトロネラ、ユーカリ、ハッカ、レモングラスなど数種類ブレンドし、精製水や無水エタノールで薄めてハンドメイドスプレーを作りましょう。

手作りが面倒なら、市販品もチェックしてみて下さい。

 

アロマオイルのゼラニウムのブレンドは、蚊への使い方や相性から無印のものが特に優れていると評判です。

 

ウィンタースパイスも10mlで1,500円と手頃な価格ながら、ゼラニウムを含むブレンドエッセンシャルオイルです。

 

スパイシーな香りがブレンドされていますので、虫を避けながら温かみのある香りを楽しむことができます。

 

アロマの虫除け効果

 

こういったアロマオイルを使った虫除けスプレーは、穏やかに作用するので殺虫剤のように虫を殺すことはできません。

 

一定の香りを嫌う虫の性質を利用し、身体にエッセンシャルオイルのアロマを香らせることで、虫が近づかないようにすることはできます。

 

完璧な虫除け対策とは言えませんが、健康被害に怯えながら殺虫剤を使うことを考えると便利なアイテムです。

 

 
アロマオイルの作用は長時間持たない為、こまめにスプレーし常に新鮮なアロマを漂わせるようにしましょう。
 また、市販のブレンドアロマオイルの場合、配合されているアロマオイルによっては赤ちゃんには使えないものもあるので気をつけて下さい

超簡単!混ぜるだけで完成するオリジナルアロマクリームの作り方

オリジナルアロマクリーム

アロマオイルをクリームに混ぜるだけで、手軽にオリジナルクリームをこしらえることができます。

 

市販のクリームのテクスチャーは気に入っているものの、香りが物足りない・・・と感じることはありませんか?

 

大勢の消費者の好みに合わせて配合する市販品の香料は、どの商品もどうしても同じようなものになってしまいます。

 

手頃なお値段で購入することができるクリームは確実に原料代が安価な人工香料を使っていますから、安っぽい香りになってしまうのがネックですよね。

 

人工香料は皮膚にも良い影響を与えませんし、嗅ぐだけで心身を癒す程のパワーは持ちません。

 

むしろトイレの芳香剤のような香りに気分が悪くなることも、少なくありません。

 

ただ、本物のアロマオイルを使用しているクリームは品質が良いだけに値段も高額になります

 

 
あまりにも高いスキンケアクリームは、普段使いには向いていません。

毎日使うクリームは値段を気にせず惜しみなく使うことができるものでなければ、「ひと塗りいくら・・・」とストレスになってしまいかねません。

 

自作オリジナルクリームの作成方法

 

そこでおすすめなのが、市販の無香料クリームにアロマオイルを混ぜて作るオリジナルクリームです。

 

1週間から2週間程度で使い切れる分量を別の容器に取り分け、好みのアロマオイルを混ぜ込むことで、常にフレッシュな香りを楽しむことが可能です。

 

 
本物のアロマオイルを垂らして混ぜるだけで、数百円で購入した安価なクリームが驚く程ラグジュアリーな使い心地になります。

クリームに混ぜるのに最適なアロマオイルとは?

 

クリームに混ぜるアロマオイルに向いているのは、ジャスミンやイランイラン、ラベンダーなどで、ローズウッドやローズ・オットーなどローズ系もぴったりです。

 

 
敏感肌ならカモミールやティートゥリー、フランキンセンス、サンダルウッドなどのアロマオイルを混ぜてみて下さい。

特に肌の乾燥が激しい時はカモミールが最適です。

 

反対に油分が多い脂性肌にお困りなら、サイプレスやベルガモット、ジュニパー、マンダリン、レモンなどのアロマオイルでさっぱりさせましょう。

 

ヘアクリームに混ぜる場合、ドライヘア対策ならオレンジ・スィートやグレープフルーツ、抜け毛対策ならシダーウッドやヒノキ、ペパーミントがベストチョイスです。

 

香りが好みでも肌が過敏に反応することもありますから、必ずパッチテストをして赤く腫れないかどうか試してから使って下さい。

 

よく読まれている人気記事
最近の投稿