ホホバオイル

ホホバオイルの凄い効果

ホホバオイルの効能や効果などの豆知識や、美容や育毛に関する情報を解説しています。

特ダネで話題に!ココナッツオイルの認知症予防効果とおすすめレシピとは?

ココナッツオイル 認知症

ココナッツオイルの認知症予防レシピが特ダネで紹介され、スーパーのココナッツオイルが飛ぶように売れているそうです。

 

今はインターネットで簡単にお取り寄せすることができるので、もし近所のお店のココナッツオイルが在庫切れでも心配ありません。

 

ココナッツオイルは美容効果だけではなく、糖尿病の予防、改善効果など優れた健康効果でも知られています。

 

そして現在、アメリカのメアリー・ニューポート医学博士がココナッツオイルの認知症、アルツハイマーに対する予防、改善効果を発表し、各方面から更に注目を集めている状況です。

 

メアリー博士は、自分の旦那さんが若年性アルツハイマーを発症したことがきっかけで夫を救う手段を懸命に探し、ココナッツオイルに辿り着きました。

 

 
夫に毎日ココナッツオイルをスプーン2匙分食べさせたところ、約1ヶ月後には状態が改善し始めたそうです。

アルツハイマーになると、脳のエネルギー源であるぶどう糖を使用することができず、脳内がガス欠状態になってしまいます。

 

ところが、ココナッツオイルに豊富に含まれる中鎖脂肪酸を栄養に増えるケトン体は、ぶどう糖に代わり脳の新しいエネルギーとして代用可能です。

 

糖尿病同様、脳の病にココナッツオイルが効くメカニズムでもケトン体が鍵を握っています。

 

 
認知症、アルツハイマー予防を狙いココナッツオイルを摂取する予定なら、なるべく中鎖脂肪酸の量が多いものを購入しましょう。

飽きずに続けられるココナッツオイルの認知症予防レシピ

 

脳の病気はもちろん、普段から物忘れに苦しまない為にも毎日少しずつココナッツオイルを摂取しましょう。

 

オリーブオイルのように、調理用オイルとして使うのもおすすめで、加熱することでココナッツオイル独特の香りが和らげることができます。

 

卵焼きやオムレツを焼く時の調味油として使うと、甘味が濃くなり、良い隠し味になります。ドレッシングに混ぜることでコクも増しますし、バターのようにトーストに塗ってもOKです。

 

ココナッツオイルドレッシングも販売されていますので、チェックしてみて下さい。

 

 
一番手っ取り早いのは、飲み物に直接垂らして飲むことかも知れません。特にコーヒーはダイエット効果が倍増すると言われているので、是非トライしてみて下さい。

 

こういった飽きずに続けられるココナッツオイルのレシピのレパートリーを増やし、食生活に上手くココナッツオイルを活用しましょう。

 

ココナッツオイルの塗り方一つで乾燥肌や日焼ケアに大きな効果の違いが!

ココナッツオイルの塗り方

ココナッツオイルなら、保湿対策と紫外線対策を同時に叶えることができます。

 

ココナッツオイルの美肌効果は有名ですが、紫外線に対する効果はあまり知られていないようです。

 

むしろ「ココナッツオイルを塗って外に出ると日焼けしやすくなる」なんて間違った説も出回っています。

 

確かに一般的なオイルは日に焼けやすくなる性質がありますが、元々ココナッツオイルは強烈な紫外線が降り注ぐ太平洋諸島で昔から天然の日焼け止めとして重宝されてきた歴史があります。

 

最近の研究により、ココナッツオイルのSPFは4から10程度、紫外線を約20%カットすることができることが分かりました。

 

 
強い日差しに長時間晒される時には十分ではありませんが、室内で過ごす時の日焼け止めとしては丁度良いぐらいではないでしょうか。

SPFの高い日焼け止めは肌への負担も強いので、数値の低いものをこまめに塗り直す紫外線対策を行っています。

 

一昔前に流行ったSPF150以上の強力なものに含まれている紫外線吸収剤は、皮膚の上で化学反応を繰り返すことで肌が焼けることを防いでいます。

 

紫外線の被害から肌をガードすることには成功しても、その化学反応自体皮膚にダメージを与えると言う意見もあり、ココナッツオイルのような天然のUVカット成分が人気を集めています。

 

ココナッツオイルで乾燥肌や日焼けに効果のある塗り方をするなら、保湿力に優れたオイルを先に塗ってから市販の軽い日焼け止めで仕上げましょう。

 

日焼け後の肌のケアも!!

 

ココナッツオイルは抗炎症作用に優れている為、日に焼けた後の肌の赤みも抑えることができます。

 

どんなに日焼け止め対策を万全に行っても、100%紫外線をカットすることは不可能です。

 

肌を自然な状態で呼吸させる為にも、SPFの低いナチュラルな日焼け止めは欠かせません。

 

完全に紫外線をカットしてしまう市販の日焼け止めは骨の代謝に必要なビタミンD不足に陥る問題を抱えていますが、ココナッツオイルならビタミンD生成を遮らない程度に紫外線からガードしてくれます。

 

外出中はもちろん、クレンジングの後もしっかり保湿することができるココナッツオイルでケアしましょう。

 

ケミカルな日焼け止めを塗ることができない唇の紫外線対策にもぴったりですよね。

 

肌が乾燥していると紫外線被害を受けやすくなる為、常に皮膚が潤っている状態をキープする必要があります。

 

 
粘度の低いココナッツオイルはサラサラしているので、ベタベタした使い心地に不快になることもありません。

ココナッツオイルの料理への正しい使い方と最適な摂取量とは?

ココナッツオイル料理

ココナッツオイルを毎日大匙2杯摂取することで、太りにくく痩せやすい体質に体質改善することができる上、肌の調子も整えられます。

 

減量効果を狙うならコーヒーに混ぜるのが一番効果的だと言われていますが、毎日飽きずに続ける為にお料理にも上手く取り入れてみて下さい。

 

ご参考までに、ココナッツオイル料理の使い方や摂取量についてお話したいと思います。

 

ココナッツオイルを料理に使うと言っても、そもそも加熱しても栄養は損なわれないのでしょうか。

 

ココナッツオイルは加熱してもOK??

 

結論からも申し上げますと、ココナッツオイルは非常に熱に強い性質があり、200℃まで加熱しても中鎖脂肪酸などの有効成分が壊れることはありません

 

ちなみに200℃以上の熱で万病の元と言われるトランス脂肪酸が発生する恐れがあるので、ココナッツオイルを調理する時もご注意下さい。

 

ただ、天ぷらやフライを高温で揚げる時も190℃あれば十分ですから、家庭料理で200℃以上に加熱することはほとんどない筈です。

 

グラタンなどオーブン料理以外なら、ほとんどのメニューに使うことができます。

 

 
ココナッツオイルの摂取量は大匙2杯程度が目安になります。

急に大量に摂るとお腹が緩くなる恐れがありますので、便秘体質でもなく下痢は避けたいなら少量ずつ試してみましょう。

 

1日100CC摂取するケトン体質ダイエット

 

通常、ココナッツオイルを美容、健康に役立てたい場合は大匙2杯ぐらいが丁度良い量になりますが、減量目当てで特別なダイエットをするなら1日100ccまで摂取可能です。

 

ご長寿番組「世界ふしぎ発見」でも紹介されたケトン体質ダイエットは、糖質を厳しく制限しながらココナッツオイルをたっぷり摂取し、痩せることができます。

 

糖質を制限することで脂肪を分解し、ケトン体を増やす中鎖脂肪酸を多く含むココナッツオイルをたっぷり摂取することで、糖質制限ダイエットの効果が飛躍的に高まるそうです。

 

 
番組内でも、たった4習慣で体重が7キロも減り、ウエストも7cm以上細くなるほど、成果を出すことに成功していました。

ご飯やパン、甘いものなど炭水化物を抜きながら毎日100ccのココナッツオイルを摂取しますが、野菜や果物、ナッツに含まれる糖質はあまり気にしなくて構いません

 

一般的なカロリーとは異なり、カロリーは制限されませんので、細かいカロリー計算にうんざりしている方にもぴったりでしょう。

 

1日100ccものココナッツオイルを摂取するのは大変そうに感じるかも知れませんが、ドレッシングや飲み物に混ぜるとあまりオイルと言うことを意識せずに摂りやすくなります

 

もしどうしても液状のまま飲むのがきつい、と言うことであればカプセルに詰め込まれたサプリタイプのココナッツオイルもあるのでチェックしてみて下さい。

 

ココナッツオイルは糖尿病への効能があるって本当?

ココナッツオイル 糖尿病

ココナッツオイルは糖尿病への効能も発揮することはご存知でしたでしょうか。

 

肥満体型が招きやすくなる病魔、糖尿病にとって普通の油は大敵です。

 

例えば多価不飽和脂肪酸を大量に含むサラダオイルも糖尿病リスクを高めるオイルの代表で、ダイエッターにとっても避けたい油の1つです。

 

糖尿病になると、血糖値を下げるホルモン、インスリンが分泌されにくくなり、効きも悪くなるので糖の代謝機能が衰えてしまいます。

 

その為、栄養を摂取しても上手く活用し切れず、血液中に占めるブドウ糖の割合が異常に多くなるので注意が必要です。

 

この状態をインスリン抗体性と言いますが、最近の研究によってココナッツオイルに豊富に含まれる中鎖脂肪酸には、インスリン抗体性を改善する作用を持つことが判明しています。

 

インスリン抗体性が良くなれば、衰えていた糖の代謝力も通常通り機能するようになりますし、脂肪が蓄積されやすい状態も改善されます。

 

 
単純に痩せる為にココナッツオイルダイエットに挑戦している女性も少なくありませんが、糖尿病の予防、発症してしまった糖尿病の悪化を防ぐ為にもココナッツオイルが役立つことは間違いありません。

一旦発症すると治らない病気

 

糖尿病になっても、即座に死亡することはありません。

 

また、発症後すぐに異常が現れるのではなく、じわじわと身体が蝕まれ様々な病を全身に併発していくプロセスを辿ります。

 

ひどくなると心筋梗塞など生命に関わる病魔に襲われますし、腎不全や失明の恐れも。

 

慢性疾患なので、一旦発症すると治癒することはなく、一生治療と自己管理に縛られる生活が続きます。

 

病気には治る病気と治らない病気がありますが、残念ながら糖尿病は基本的に完治することがない病気です。

 

ただし、発症しても極めて早い段階で糖代謝の異常を発見し、治療に取り組めば完治する可能性はゼロではありません。

 

治療と言っても糖尿病の場合、飲み薬やインスリン注射よりも普段の食事療法が重要なので、治したいと言う本人の強い意思が欠かせません。

 

食事の栄養バランスを考慮し、腹八分目を心がけ、規則正しいタイミング食べること・・・と言う食事療法の基本を抑えながら、ココナッツオイルも上手に活用しましょう。

 

オイルはカロリーが高いので摂取量には十分注意が必要ですが、油自体吸収が遅く空腹感を紛らわせることができます。

 

ココナッツオイルは、寂しくなりがちな糖尿病患者さんの食卓を豊かにしてくれる筈です。

 

ココナッツオイルを使ったクッキーなどのオススメお菓子レシピ

ココナッツオイル クッキー

食べても後悔しないヘルシースイーツ!!ココナッツオイルのレシピは、お菓子やクッキーなどのスイーツのジャンルでも人気を集めています。

 

甘いお菓子を食べている間、とても幸せな気持ちになりますよね。けれど食べ終わった後、「ダイエット中だったのに・・・」なんて後悔することも。

 

最近はオカラやふすま、豆乳などを使ったスイーツなど健康的なものが注目を浴びていますが、ココナッツオイルを使ったお菓子も美肌効果、便秘解消効果を狙うことができるヘルシースイーツです。

 

抗酸化作用に優れたココナッツオイルはアンチエイジング効果が高く、いつも若々しく見られたい女性にぴったりです。

 

実年齢よりも老けて見られることほど、辛いことはありません。ココナッツオイルパワーで細胞から元気になりましょう。

 

 
甘いものは太る、とついつい警戒してしまう気持ちも分かりますが、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は普通の脂肪酸より10倍速い速度で分解、燃焼されるので贅肉になりにくいのが特徴的です。

むしろ体脂肪を燃やしやすい体質になる為、痩せたい方ほど積極的に摂りましょう。便秘解消効果も見逃せません。

 

スーパーフードのココナッツオイルクッキーのレシピ

 

スーパーフード、ココナッツオイルを使ったヘルシークッキーの作り方をご紹介したいと思います。

 

用意するのはココナッツオイル35gの他、地粉90gにココナッツフレーク20g、アーモンドプードル10g。

砂糖の代わりにメープルシロップもしくはアガベシロップ55g、小匙4分の1のミネラルソルトとごく少量のバニラオイルも必要です。

地粉とアーモンドプードル、ココナッツフレークをボウルに入れ、泡立て器などでよく混ぜます。

湯煎で溶かしたココナッツオイルを加えて更に混ぜ合わせ、5mmぐらいの厚さになるよう麺棒で伸ばしてお好みの型で抜いて下さい。

170℃に予熱しておいたオーブンに入れ、15分も焼き上げれば完成です。

 

アーモンドプードルとは、アーモンドを粉末状にしたものでスイーツを作る時に活躍します。

 

クッキーやパウンドケーキなどの焼き菓子に入れられていることが多く、コクを深める為に役立ちます。

 

ココナッツオイル自体のカロリーはラードやサラダ油と変わりませんが、すぐにエネルギーとして分解される中鎖脂肪酸を多く含んでいる為、脂肪として蓄えられにくく、既に蓄積している体脂肪まで減らしてくれます。

 

ちょっと小腹が空いた時、こういったクッキーがあれば罪悪感に苛まされることなく、美味しく頂けるのではないでしょうか。

 

その他のココナツオイルのオススメお菓子レシピ動画集

ココナツオイルのプレーンクッキーのレシピ


話題のココナッツオイルをたっぷり使ったさっくさくのクッキー。バターで作るより歯触­りが軽く、ココナツの優しい風味と甘みが効いています。少し厚めに切り出して、素朴な­風合いに仕上げるのがおすすめ。

ココナッツオイルクッキーの作り方


流行の続いてるココナッツオイルを使ったクッキーのレシピです。ココナッツオイルが室­温で液状の場合は湯煎する必要はありませんが、冬場など固っている時は、溶かしてから­使ってください。オイルだけでなく、ココナッツシュガーも体に良いし、とても香りが良­いので、使ってみました。甘さ控えめのレシピになっているので、お好みで砂糖の量は調­節してください。

ココナッツオイルでクッキーを作ってみました。


100円ショップセリアにある かぼちゃのミックスクッキー粉と最近話題のココナッツオイルでクッキーを作ってみまし­た。

 

よく読まれている人気記事
最近の投稿