ホホバオイル

ホホバオイルの凄い効果

ホホバオイルの効能や効果などの豆知識や、美容や育毛に関する情報を解説しています。

顔や肌の肌荒れ対策に効果的なココナッツオイルの美容への使い方

ココナッツオイル 美容

ココナッツオイルダイエットに挑戦中の女性が急増していますが、ココナッツオイルは食用以外の使い道も本当に豊富です。

 

正しいココナッツオイルの使い方、顔や肌、肌荒れに使う方法はあまり知られていないようですが、実はスキンケアにも大活躍してくれます。

 

ココナッツオイルに含まれる成分は、皮膚にぐんぐん吸収される性質を持ちます。

 

美容業界でも特に注目されているのが、ローションのブースターオイルとしての用途です。

 

クレンジングや洗顔にココナッツオイルを使う方法

 

クレンジングと洗顔で、肌に余計な汚れが残っていない状態に整えましょう。

 

水気でタオルを軽く拭き取った後、ココナッツオイルを1~2滴顔全体に伸ばします。

 

このプロセスを加えるだけで、肌の柔軟性が増し、もっちりと潤うのでその後に塗るローションや乳液、クリームの浸透率をアップさせることができます。

 

 
その他、指の滑りも良いのでマッサージオイルとしても最適ですし、スキンケア用に1本常備しておくと突然肌が荒れてしまった時にも手早く応急処置することができます。

固まると使いにくいココナッツオイルを液体に戻すには??

 

ココナッツオイルは25度以下の環境で白く固まる性質があるので、寒い冬は「スキンケアに使えない!!」と困ってしまうかも知れません。

 

バター代わりにトースターに塗る時は固まったままの方が使いやすいかも知れませんが、普段のお手入れには液体の方が便利です。

 

マッサージオイルとして使う場合には多少固まっていても構いませんが、ブースターオイルとして使う場合には液状ではないと扱いにくい筈です。

 

固くなってしまったココナッツオイルを液体に戻すには25度以上をキープしなければなりませんが、暖房の効いた暖かい部屋に置いておくのも劣化が心配です。

 

 
鮮度を保つ為にも瓶は冷えた場所に置き、使う時だけお湯を入れたボウルに瓶を入れて湯煎しましょう。

瓶が大きい場合、小分けにして湯煎すると全体の品質を損ねることもありません。耐熱スプーンにすくい、温めたフライパン越しに熱を加える方法も試してみて下さい。

 

ただし、引火や火傷の恐れがあるので、ココナッツオイルは電子レンジで加熱しないようご注意下さい。油自体、種類を問わず電子レンジで温めるには向いていません。

 

使う量がそう多くない場合、体温ですぐに溶けるので固形のまま手の平の上にのせ、溶けるのを待つ方法でもOKです。

 

冷蔵庫に入れている場合は湯煎が必要ですが、常温で保存している場合、よほど寒い地域でなければ手の平の体温でも溶かすことは可能です。

 

DHCのバージンココナッツオイルサプリのダイエットや美容効果のクチコミ

バージンココナッツオイル DHC

サプリメントを飲むだけでダイエットが成功するのであれば誰も苦労しないと言って、完全に諦めてしまっている人がたくさんいます。

 

しかし、その人の体質や環境によってどのサプリメントがダイエットに効果的なのかということは変わってきますので、常に新しいサプリメントの情報を手に入れておくことが大切です。

 

今効果が高いと注目されているのがDHCのバージンココナッツオイルです。

 

バージンココナッツオイルの効果はすごい

 

バージンココナッツオイルの効果はダイエットに最適だといわれています。

 

中鎖脂肪酸がダイエット効果をもたらしてくれるので、美しく痩せたいという人にとって、バージンココナッツオイルは非常に大切です。

 

サプリメントで摂取することが可能ですので、手軽に有効成分を体内に取り入れることができます。

 

DHCのサプリメントが人気

 

DHCのバージンココナッツオイルサプリメントは、値段もそこまで高くないし、飲み方も簡単なので口コミを見ても非常に評価が高いです。

 

DHCの商品は、セットで購入すると特別価格が用意されていますので、長い期間服用したいと考えている人にとっては最適です。

 

 
無理をしてダイエットをしたとしても、肌に負担が現れてしまったり、美しさを失ってしまうことが多いです。

そうならないためにも、内側からキレイに痩せるというコンセプトで、このサプリメントを使用する人が増えているのです。

 

ラウリン酸が健康にさせてくれる

 

DHCのバージンココナッツオイルは、体を健康にさせる効果があると評判になっていますが、ラウリン酸が含まれているので、体調が良くなる場合が多いのです。

 

ラウリン酸は、赤ちゃんを保護するための成分といわれていますが、この成分を摂取することによって、大人であっても健康な体作りをすることが可能です。

 

母乳にも含まれている成分ですから有害な物質ではありませんし、健康にダイエットをしたいという人にとっては非常に大きなメリットです。

 

何をしても痩せないと悩んでいる人は、今までどんなサプリメントを使用してきたか思い返してみましょう。

 

まだこのバージンココナッツオイルを利用したことがないのであれば、お得な価格設定で購入することで、一定期間効果を試してみることができるでしょう。

 

実際に体重が落ちたという口コミが多数ありますので、ダイエット効果はかなり期待することができそうです。

 

まとめ

    • バージンココナッツオイルサプリメントはダイエット効果を期待することができる
    • DHCサプリの商品ならお得に購入が可能
    • 健康に役立つ成分も含まれているので、一石二鳥

ココナッツオイルの知られざる便秘やニキビなどの怖い副作用とは?

ココナッツオイルの副作用

ココナッツオイルの副作用やケトン体、便秘やニキビについて詳しい情報をお伝えしましょう。

 

便秘対策や美肌対策の為にココナッツオイルを常備している女性が急増中ですが、食用として用いる時、副作用の心配はあるのでしょうか。

 

結論から申し上げますと、オリーブオイル同様ココナッツオイルも薬ではなくあくまでも油なのでほとんど副作用はありません

 

もちろん、オイルなので連日過剰摂取してしまうとお腹が緩くなる反応は起きるかも知れません。

 

カロリーオーバーにならないよう、摂取量を制限し、下痢になるようなら少量ずつ試しながら献立に取り入れてみて下さい。

 

 
多くても1日に大匙2杯を超えて摂取しないよう、注意しましょう。

ココナッツオイルブームの火付け役、ミランダ・カーは毎日大匙4杯も摂取しているそうですが・・・。

 

常識の範囲内で摂取している分には、健康被害を及ぼすようなオイルではありません。

 

むしろ糖尿病や認知症の予防、改善に役立つケトン体を増やす中鎖脂肪酸を豊富に含む、非常にヘルシーなオイルです。

 

過剰摂取しても太らない理由

 

ちなみに、ココナッツオイルはオイルなので確かにカロリーは低くありません。けれど多少多めに摂取しても太ることは心配しなくて大丈夫です。

 

通常のオイルにはコレステロールを増やす飽和脂肪酸をたっぷり含んでいるので、たくさん摂り過ぎると動脈硬化や肥満トラブルを招きやすくなります。

 

一方、ココナッツオイルの脂肪酸は一般的な食物オイルと比べるとエネルギーの吸収力が4倍高く、代謝速度は10倍も早い性質があります。

 

ラードやバターのようにすぐに体内に蓄積され、生活習慣病の発症率を高めることもありません。

 

むしろ脂肪が燃えやすい状態に導いてくれるので、ココナッツオイルダイエットのように減量対策にも使われているぐらいです。

 

より安全なココナッツオイルとは??

 

ココナッツオイルの約半分は、ラウリン酸と言う母乳の主成分でもある成分で占められています。

 

その他、食物繊維やビタミンEなど豊富な栄養素が詰まっていますから、本当に安心して摂取することができる貴重なオイルです。

 

もし、より安全なココナッツオイルをお探しなら、肝臓に負担をかける化学溶剤を一切使用していない天然のオイル、ヴァージンココナッツオイルを選びましょう。

 

要は精製されているかどうかの違いですが、普通のココナッツオイルは漂白工程、高温精製、脱臭工程が加えられています。

 

その為ココナッツの芳しい香りが失われてしまいますし、せっかくの栄養価も損なわれてしまう恐れがあるそうです。

 

その点、ヴァージンココナッツオイルは新鮮なココナッツの白い実の部分から水分を絞り出し、熱を加えず丁寧にミルクと水とオイルに分離させます。

 

9割近くが飽和脂肪酸で占められた安定性抜群のオイルなので腐りやすく、防腐剤を添加しなくてもフレッシュな状態を長くキープすることが可能です。

 

よく読まれている人気記事
最近の投稿