アロマオイル 風呂

ホホバオイルの凄い効果

ホホバオイルの効能や効果などの豆知識や、美容や育毛に関する情報を解説しています。

お風呂でまったりしたい時に覚えておきたい効果的なアロマオイルの使い方とは?



アロマ 風呂

アロマオイルをお風呂タイムに取り入れると、何の変哲もないバスルームが一気に極上の癒し空間へとグレードアップします。

 

市販されている入浴剤の香りは、どれも大体同じようなものだと感じませんか?

 

実際、大半の入浴剤は人工香料が使われていますから、香りによる真の癒し効果を期待することはできません

 

その点、心身にしっかり働きかける100%ピュアなアロマオイルを使えば、自宅のバスルームで手軽にアロマテラピーを楽しむことができます。

 

一番簡単なアロマバスのやり方は、お気に入りのアロマオイルを浴槽の中に垂らす方法です。

 

ただ、肌の弱い方は微量のアロマオイルに皮膚がピリピリする感じがするかも知れません。

 

更に本格的にアロマバスを堪能する為に、アロマバスオイルをハンドメイドしてみましょう。

 

自作アロマバスオイル作りのポイント!

 

アロマオイルと希釈するもの・・・キャリアオイルや牛乳、ハチミツや日本酒などのお酒などを一旦小皿などで混ぜてから、お湯に投入しましょう

 

この一手間を加えるだけで、アロマオイルがダイレクトに皮膚に触れることがなく敏感肌体質でもリラックスしてお風呂に入ることができます。

 

いずれにしても、浴槽に入れるアロマオイルの量は3滴から4滴程度に留めましょう。

 

 
量が多過ぎると肌への刺激が強くなるので注意しましょう。

 

アロマバスの後は浴槽が少々ぬるぬるしますので、掃除が面倒だと感じる方もいらっしゃるかも知れません。

 

アロマポットをバスルームに持ち込むと浴槽を汚さずにアロマの香りを堪能することができます。

 

揮発性が高いアロマオイルは、蒸気の中ですぐに香りを際立たせます。

 

スポンサード リンク


 

この記事に関連する記事一覧

よく読まれている人気記事
最近の投稿