ココナッツオイル 使い方

ホホバオイルの凄い効果

ホホバオイルの効能や効果などの豆知識や、美容や育毛に関する情報を解説しています。

顔や肌の肌荒れ対策に効果的なココナッツオイルの美容への使い方



ココナッツオイル 美容

ココナッツオイルダイエットに挑戦中の女性が急増していますが、ココナッツオイルは食用以外の使い道も本当に豊富です。

 

正しいココナッツオイルの使い方、顔や肌、肌荒れに使う方法はあまり知られていないようですが、実はスキンケアにも大活躍してくれます。

 

ココナッツオイルに含まれる成分は、皮膚にぐんぐん吸収される性質を持ちます。

 

美容業界でも特に注目されているのが、ローションのブースターオイルとしての用途です。

 

クレンジングや洗顔にココナッツオイルを使う方法

 

クレンジングと洗顔で、肌に余計な汚れが残っていない状態に整えましょう。

 

水気でタオルを軽く拭き取った後、ココナッツオイルを1~2滴顔全体に伸ばします。

 

このプロセスを加えるだけで、肌の柔軟性が増し、もっちりと潤うのでその後に塗るローションや乳液、クリームの浸透率をアップさせることができます。

 

 
その他、指の滑りも良いのでマッサージオイルとしても最適ですし、スキンケア用に1本常備しておくと突然肌が荒れてしまった時にも手早く応急処置することができます。

固まると使いにくいココナッツオイルを液体に戻すには??

 

ココナッツオイルは25度以下の環境で白く固まる性質があるので、寒い冬は「スキンケアに使えない!!」と困ってしまうかも知れません。

 

バター代わりにトースターに塗る時は固まったままの方が使いやすいかも知れませんが、普段のお手入れには液体の方が便利です。

 

マッサージオイルとして使う場合には多少固まっていても構いませんが、ブースターオイルとして使う場合には液状ではないと扱いにくい筈です。

 

固くなってしまったココナッツオイルを液体に戻すには25度以上をキープしなければなりませんが、暖房の効いた暖かい部屋に置いておくのも劣化が心配です。

 

 
鮮度を保つ為にも瓶は冷えた場所に置き、使う時だけお湯を入れたボウルに瓶を入れて湯煎しましょう。

瓶が大きい場合、小分けにして湯煎すると全体の品質を損ねることもありません。耐熱スプーンにすくい、温めたフライパン越しに熱を加える方法も試してみて下さい。

 

ただし、引火や火傷の恐れがあるので、ココナッツオイルは電子レンジで加熱しないようご注意下さい。油自体、種類を問わず電子レンジで温めるには向いていません。

 

使う量がそう多くない場合、体温ですぐに溶けるので固形のまま手の平の上にのせ、溶けるのを待つ方法でもOKです。

 

冷蔵庫に入れている場合は湯煎が必要ですが、常温で保存している場合、よほど寒い地域でなければ手の平の体温でも溶かすことは可能です。

 

スポンサード リンク


 

この記事に関連する記事一覧

よく読まれている人気記事
最近の投稿