ホホバオイル 水溶性

ホホバオイルの凄い効果

ホホバオイルの効能や効果などの豆知識や、美容や育毛に関する情報を解説しています。

油なのに水溶性のホホバオイルがあるって本当なの?



ホホバオイル 水溶性

一般的には、オイル(油)は高極性物質で水に溶けにくい性質があります。

 

なので、油を水に溶けやすくするには、乳化ワックスなどの乳化剤のようなものを混合することで化粧品などに使われています。

 

ただし、一般的な乳化剤は肌に合わない方も多いため、自作でオイルケアを作っている人も多いようです。

 

また、水溶性のホホバオイルとして有名な「アクアホホバ」を使っている方も多く、このアクアホホバオイルを元に、好みの精油を加えて自作の洗い流せる「メイク落とし」などを調整している人もいます。

 

水溶性ホホバホイル「アクアホホバ」の特徴

 

このアクアホホバの特徴は、なんといっても水溶性ということで、油なのに水にしっかり溶けるということです。

 

さらに、水と油がしっかりと乳化する画期的なオイルであるということも大きな特徴になっています。

 

原理としては、大きな油(オイル)の分子サイズ(油の分子量はかなり大きい)を、水よりも小さくすることで水に混ざるように水溶性を高めることができたということです。

 

なので、変な物質などが含まれていないため、本来ホホバオイルにある効能や効果などは損なわれずに乳化剤や水で薄めて乳液代わりとしても使用することができるようです。

 

水溶性ホホバホイルの使用感のクチコミ

 

  • オイルとしては重めの使用感。
  • 顔にのばして軽くマッサージするといい。
  • 水だけでキレイにメイクが落ちます。
  • 乾燥肌に最適。
  • ポリマーなどの入ったファンデの場合は難しいかも。。。

 

などの感想がありますが、基本的にはオイルとしては劣化が少なく使用感がいいという口コミが多くなっています

 

ホホバオイルは、肌への刺激や安全面でも高い評価があるので、さらに水に溶け易いこの水溶性のホホバは今後さらに人気が出てきそうな感じです。

 

スポンサード リンク


 

この記事に関連する記事一覧

よく読まれている人気記事
最近の投稿