ホホバオイル

ホホバオイルの凄い効果

ホホバオイルの効能や効果などの豆知識や、美容や育毛に関する情報を解説しています。

超簡単!混ぜるだけで完成するオリジナルアロマクリームの作り方

オリジナルアロマクリーム

アロマオイルをクリームに混ぜるだけで、手軽にオリジナルクリームをこしらえることができます。

 

市販のクリームのテクスチャーは気に入っているものの、香りが物足りない・・・と感じることはありませんか?

 

大勢の消費者の好みに合わせて配合する市販品の香料は、どの商品もどうしても同じようなものになってしまいます。

 

手頃なお値段で購入することができるクリームは確実に原料代が安価な人工香料を使っていますから、安っぽい香りになってしまうのがネックですよね。

 

人工香料は皮膚にも良い影響を与えませんし、嗅ぐだけで心身を癒す程のパワーは持ちません。

 

むしろトイレの芳香剤のような香りに気分が悪くなることも、少なくありません。

 

ただ、本物のアロマオイルを使用しているクリームは品質が良いだけに値段も高額になります

 

 
あまりにも高いスキンケアクリームは、普段使いには向いていません。

毎日使うクリームは値段を気にせず惜しみなく使うことができるものでなければ、「ひと塗りいくら・・・」とストレスになってしまいかねません。

 

自作オリジナルクリームの作成方法

 

そこでおすすめなのが、市販の無香料クリームにアロマオイルを混ぜて作るオリジナルクリームです。

 

1週間から2週間程度で使い切れる分量を別の容器に取り分け、好みのアロマオイルを混ぜ込むことで、常にフレッシュな香りを楽しむことが可能です。

 

 
本物のアロマオイルを垂らして混ぜるだけで、数百円で購入した安価なクリームが驚く程ラグジュアリーな使い心地になります。

クリームに混ぜるのに最適なアロマオイルとは?

 

クリームに混ぜるアロマオイルに向いているのは、ジャスミンやイランイラン、ラベンダーなどで、ローズウッドやローズ・オットーなどローズ系もぴったりです。

 

 
敏感肌ならカモミールやティートゥリー、フランキンセンス、サンダルウッドなどのアロマオイルを混ぜてみて下さい。

特に肌の乾燥が激しい時はカモミールが最適です。

 

反対に油分が多い脂性肌にお困りなら、サイプレスやベルガモット、ジュニパー、マンダリン、レモンなどのアロマオイルでさっぱりさせましょう。

 

ヘアクリームに混ぜる場合、ドライヘア対策ならオレンジ・スィートやグレープフルーツ、抜け毛対策ならシダーウッドやヒノキ、ペパーミントがベストチョイスです。

 

香りが好みでも肌が過敏に反応することもありますから、必ずパッチテストをして赤く腫れないかどうか試してから使って下さい。

 

アレルギー体質の人が避けるべき3つのアロマオイルとは?

アロマ アレルギー

アロマオイルでアレルギー症状を緩和しよう、と考えている方もいらっしゃる筈です。

 

特に花粉症対策の為にアロマオイルを活用するケースが増えています。

 

例えばユーカリには鼻詰まりや息苦しさを解消する作用がありますし、鼻通りを良くするペパーミントも人気のあるアロマオイルです。

 

ハンカチに垂らしておけば、外出先でも気軽にオイルでケアすることができますよね。

 

ただ、アレルギー体質ならアロマオイルとは慎重にお付き合いしなければなりません。

 

一般的に、アレルギー体質が避けるべきだとされるアロマオイルはイランイランやオレンジ、そしてカモミールです。

 

カモミールはローマンとジャーマンの2種類ありますが、どちらもアレルギー体質には不向きと言われています。

 

アロマオイルに関する見識は専門家によって異なり、アレルギー体質の改善の為にカモミールを用いる施術者もいらっしゃいます。

 

 
もし使う場合はパッチテストで試してから使用した方が安心ですし、肌が強く反応して発疹などを起こさないよう、薄く希釈してから使用することをオススメします。

100%天然植物成分のピュアアロマオイルだから安心・・・と油断している方も少なくありませんが、植物性成分や天然成分がすべて安全とは限りません

 

日本人が日常的に使っているお醤油だって、ごく少量使う分にはお料理の味を引き立てる最高の調味料になりますが、大量に飲んでしまえば毒にしかなりません。

 

ましてアロマオイルは種類が無数にあり、それぞれ性質や心身にもたらす働き、注意事項も異なります。

 

イライラした時に効果的な5つのおすすめアロマオイルとは?

イライラ アロマ

アロマオイルでイライラする気持ちから解放されたいなら、香りを嗅ぐだけで気分が明るくなるオレンジ・スィートをまずは試してみて下さい。

 

よほど癖のある香りではない限り、果物の香りが嫌いと言う方はいません。

 

オレンジなどの柑橘系の香りは、特に万人受けする香りです。

 

ハンカチに1滴か2滴染みこませ、イライラした時に取り出して鼻にあてたとしても、周囲を不快にさせることはない筈です。

 

イライラしていて疲れている時は、苦味と甘味が適度にミックスしているネロリもオススメです。

 

同じイライラでも、プレッシャーによって神経が過敏になっている時は爽やかな柑橘系と甘いフローラルの香りがほどよく混ざったプチグレンが効果的です。

 

精神的な苦痛を与えられてしまった時は、青林檎のような爽やかな香りが特徴的なカモミールの香りを嗅ぐと瞬時にリラクゼーション効果を味わうことができるでしょう。

 

 
少々癖があるので好き嫌いが分かれる香りですが、イランイランのエキゾチックな香りは、強い緊張や不安の緩和にもよく効きます。

 

このように、同じイライラでも緊張から来るイライラなのか、疲れから来るイライラなのか、神経が尖っている理由によって最適なアロマオイルは異なります。

 

細かく使い分ければ、ご自身のストレスに押し潰されることなくうまくコントロールすることができるようになります。

 

また、こういったアロマオイルはイライラした時だけ一定時間香りを吸い込むことが重要で、何時間も部屋で焚きっぱなしにするような使い方は避けましょう。

 

鼻が慣れてしまって効果も感じにくくなりますし、アロマオイルの使い方にもメリハリが必要です。

 

よく読まれている人気記事
最近の投稿