ホホバオイル

ホホバオイルの凄い効果

ホホバオイルの効能や効果などの豆知識や、美容や育毛に関する情報を解説しています。

アロマオイルとグリセリンの3つの豆知識

アロマオイル グリセリン

アロマオイルをスキンケアコスメに混ぜる時、キャリーオイルと呼ばれるベースオイルで溶かさなければなりません。

 

無水エタノールを薄めたものを混ぜる方法もありますが、ほとんどの方はエタノールの刺激を嫌がりますから、スクワランオイルなどのオイルを使うことになります。

 

ホホバオイル、オリーブオイル、スィートアーモンドオイルなども定番オイルですが、ココナッツオイルやパームオイルから作られる無色透明なグリセリンでも応用可能です。

 

グリセリンオイルはやや粘り気があるオイルで、保湿作用に優れている為、肌を柔らかくする働きや効果を期待することができます。

 

ドラッグストアで手軽に購入することができますし、値段も数百円程度と安価なので非常に身近なハンドメイドコスメの原料です。

 

ただしアロマオイルはグリセリンでも溶けますが、キャリアオイルほどスムーズに溶かすことはできません。

 

 
混ぜる前によく振ることがポイントです。精製水やフローラルウォーターに「アロマオイル+グリセリン」を混ぜるとしっとりしたローションに仕上がります。

グリセリンとワセリンの大きな違いとは?

 

グリセリンとワセリンを混同している方も少なくないようですが、全く違う物質なので間違えないようにしましょう。

 

グリセリンは水溶性の為、精製水やフローラルウォーターに混ぜることができますし、化粧水やクリームなど色々な形状のコスメに応用可能です。

 

一方、油性のワセリンは水に溶かすことができません

 

液体にするには60°以上の熱を加えなければなりませんし、40°以下で固形に戻ってしまう性質がある為、とても化粧品の原料としては使うことができません。

 

ただ、グリセリンもワセリンも乾燥肌の強い味方と言うことでは共通しています。

 

グリセリンは水分を引き寄せてしっとりさせる性質で、皮膚に塗布した時に保湿効果を期待することができます。

 

ワセリンも油のベールで肌をしっとりさせてくれますし、水を弾いて乾燥や寒さから皮膚をガードしてくれます

 

定番キャリアオイルの特徴

 

グリセリンは保湿性が高いので乾燥肌にぴったりですが、キャリアオイルによって特徴が違うので肌質に応じて使い分けてみて下さい。

 

 
どの肌質にも合う万能型オイルはホホバオイルやスィートアーモンドオイル、グレープシードオイルです。
フェイスマッサージに使うなら、アプリコットカーネルオイルやピーチカーネルオイル、栄養不足気味の肌にはアボカドオイルや小麦胚芽油、ローズヒップオイルがぴったりです。

 

乾燥して傷ついている荒れた肌は、カレンデュラオイルが最適でしょう。

 

洗顔後すぐにギトギトするような脂性肌には、浸透力に優れたヘーゼルナッツオイルが向いています。

 

オイルケアで肌に合わないオイルをリスクなく探し出す方法とは?

オイルケア 合わない

オイルケアが合わない体質、肌質の方もいらっしゃるので、初めてスキンケアにオイルを使用する時は必ずパッチテストを行いましょう

 

特にオイルでフェイスケアをする時、顔の皮膚は一際デリケートなので注意が必要です。

 

オリーブオイルなら問題なかったのにココナッツオイルに切り替えたらあまり馴染まない・・・なんてケースも珍しくありません。

 

各オイルの特徴や注意事項を覚えよう!

 

同じオイルケアでも、使うオイルの種類によって浸透性や保湿効果には差があり、注意事項も違います

 

例えば髪のオイルケアにぴったりな椿油は乾きにくく、酸化しにくい特性がある為保管もしやすく、保湿対策、保護対策にぴったりです。

 

また、肌の水分バランスを正常化し豊富な栄養素を補うのに最適なローズヒップオイルの酸化速度は非常に早いので、管理に気をつけなくてはなりません。

 

 
一旦ボトルを開封したらローズヒップオイルは遅くても3ヶ月以内には使い切ってしまう必要があります。

 

副作用の心配がほとんどないスクワランオイルは、敏感肌やアトピー性皮膚炎を患っている肌にも安心して使いやすいでしょう。

 

植物性ではなく、鮫の肝臓から主成分のスクワレンが抽出されます。

 

ちなみに、オリーブオイルのように食用にも使えるオイルもたくさんありますが、マッサージなどオイルケアに使う時は美容専用のものを使いましょう。

 

美容オイルは肌に浸透しやすいよう不純物が除去されていますが、食用オイルは精製度を低くして風味の方が重視されています。

 

 
きちんと濾過されていないまま食用オイルを皮膚に直接つけてしまうと、肌荒れの原因にもなりかねません。

 

千差万別なオイルケアの効果の魅力と使い分け方のコツとは?

オイルケア 効果

オイルケアの効果は使用するオイルの種類によって異なりますが、1本用意しておくと髪の毛から爪の先まで全身に使うことができる便利な万能アイテムです。

 

肌をスベスベにする為のスキンケアアイテムは乳液やローションなど他にも色々ありますが、オイルならヘアケアにも役立ちますし、お風呂の中に入れることも。

 

また、オリーブオイルのように飲食用にも美容ケアにも使うことができる万能オイルも少なくありません。

 

ココナッツオイル最近人気急上昇中のココナッツオイルも万能型のオイルで、髪や肌のお手入れに使うことはもちろん、サラダドレッシングに混ぜる美容法、飲む美容法も注目を集めています。

 

更に、インドのアーユルヴェーダで伝わるデトックス方法、オイルプリングにもココナッツオイルはぴったりです。

 

マウスウォッシュの要領でオイルを口に含み、数分間クチュクチュするだけで口の中と体内の毒素が排出されるオイルプリングは、ココナッツオイルの他、オリーブオイルやごま油が使われます。

 

ハッカオイルも使用用途が多岐に渡るオイルで、シャンプーに数滴垂らすだけで爽快感を増すことができますし、真夏のヘッドスパ用にも最適です。

 

バスオイルとして浴槽に入れると、クール系の入浴剤として楽しむこともできます。

 

中々汗がひかない蒸し暑い日も、水で薄めたハッカオイルをボディスプレーにしたり、タオルに染み込ませて身体を拭いたり、冷感対策に役立ちます。

 

 
このようにオイル1種類1種類の特徴を少しずつ把握し、オイルケアの生活に役立てましょう。

オイルシャンプーどれを選ぶ?探し方の2つのコツ

オイルシャンプー

育毛や発毛に関する情報ではありませんが、髪に良いホホバオイルのシャンプーって多いですよね。

 

オイルと一口にいっても、天然植物性オイルの中にはホホバオイル以外にも、ツバキ油、馬油、オリーブオイル、アーモンド油、ヒマワリ油などの肌にも髪にも優しいオイルが沢山あります。

 

そして、このような天然で安全な上質なオイルを使用したシャンプーが結構多く販売されています。

 

ただ、値段が高いものが多いのですが、天然物質だから仕方がない部分はありますね。

 

天然植物性オイルシャンプーの探し方

 

しかし、少し興味があるから試しに買ってみようと思っていも、ちょっと試すにも勇気がいるような価格だったりもします。

 

そんなときに便利なのがネットの情報ですね^^

 

例えば、ある商品について効果などをチェックしたい場合は、

 

  • 〇〇〇(商品名)+効果
  • 〇〇〇(商品名)+口コミ

 

などと検索すると実際に使っている人のレビューや効果、体験談などがブログなどに書いてあったりします。

 

こうした情報を是非活用して、いい商品を試したいものです。

 

 
あまりに安いオイルシャンプーは効果がないだけでなく、頭皮や髪にデメリットになりかねないので注意しましょう。

オイルシャンプーはどんな植物のオイルを使っているのか?ということだけでなく、どういった精製法で作られているのか?他に無意味な成分が多く入っていないかなども重要です。

 

よく読まれている人気記事
最近の投稿