ホホバオイル

ホホバオイルの凄い効果

ホホバオイルの効能や効果などの豆知識や、美容や育毛に関する情報を解説しています。

ヴィレッジヴァンガード(ビレバン)で売っているアロマオイルは?

ビレバン アロマ

アロマオイルをヴィレッジヴァンガードで購入している方も多いでしょう。

 

香港にも支店を構えるヴィレッジヴァンガード(ビレバン)は現在400件近く店舗を増やしている全国チェーン店で、最近はビレバンのオンラインショップも人気を集めています。

 

元々1986年に本屋さんとして業界に参入しましたが、一般的な書店が最優先する回転率より個性を重視した商品販売方法で注目を集めました。

 

現在はユニークな雑貨類の販売でもビレバンは評判になっています。

 

アロマオイルに関してもやはり個性派揃いで、普通のアロマオイルショップではあまり見かけることがない品を買い求めることが可能です。

 

自宅用はもちろん、他の人と絶対にかぶりたくない贈り物をしたい時にも便利なショップです。

 

ピコ・アロマライトなどユニークなアロマがあります

 

例えば、赤ちゃんを子育て中のご家庭にもぴったりなピコ・アロマライトセットシリーズもママ、プレママの間でヒットしている商品です。

 

100%天然のアロマブレンドオイルとアロマライトがセットになっています。

 

すやすやタイプはラベンダーやオレンジ、カモミールがブレンドされているので、夜泣きに疲れた赤ちゃんやママのリラクゼーションに役立ちます

 

 
夜泣きはママだけではなく、赤ちゃんの体力も奪ってしまうので、アロマでお互いにリラックスすることが効果的です。

 

また、まるで石ころのようにころころと丸いキャンドル、ロウ石もユニークなアロマオイルアイテムで、ほんの数分間キャンドルを灯したい時に重宝します。

 

寝る前のリラックスタイムや瞑想タイムにも役立ちますし、カラフルな色合いなのでただ飾っておくだけでもお洒落なインテリアにもなります。

 

アレルギー体質の人が避けるべき3つのアロマオイルとは?

アロマ アレルギー

アロマオイルでアレルギー症状を緩和しよう、と考えている方もいらっしゃる筈です。

 

特に花粉症対策の為にアロマオイルを活用するケースが増えています。

 

例えばユーカリには鼻詰まりや息苦しさを解消する作用がありますし、鼻通りを良くするペパーミントも人気のあるアロマオイルです。

 

ハンカチに垂らしておけば、外出先でも気軽にオイルでケアすることができますよね。

 

ただ、アレルギー体質ならアロマオイルとは慎重にお付き合いしなければなりません。

 

一般的に、アレルギー体質が避けるべきだとされるアロマオイルはイランイランやオレンジ、そしてカモミールです。

 

カモミールはローマンとジャーマンの2種類ありますが、どちらもアレルギー体質には不向きと言われています。

 

アロマオイルに関する見識は専門家によって異なり、アレルギー体質の改善の為にカモミールを用いる施術者もいらっしゃいます。

 

 
もし使う場合はパッチテストで試してから使用した方が安心ですし、肌が強く反応して発疹などを起こさないよう、薄く希釈してから使用することをオススメします。

100%天然植物成分のピュアアロマオイルだから安心・・・と油断している方も少なくありませんが、植物性成分や天然成分がすべて安全とは限りません

 

日本人が日常的に使っているお醤油だって、ごく少量使う分にはお料理の味を引き立てる最高の調味料になりますが、大量に飲んでしまえば毒にしかなりません。

 

ましてアロマオイルは種類が無数にあり、それぞれ性質や心身にもたらす働き、注意事項も異なります。

 

オレンジのアロマオイルの正しい選び方と効能とは?

アロマオイル オレンジ

アロマオイルのオレンジの香りが嫌い、なんて方は滅多にいません。それ程万人受けする爽やかな香りです。

 

名前だけではどんな香りかまるで想像できないアロマオイルも少なくありませんが、オレンジの場合よく知っている果実そのままの甘い香りが特徴的です。

 

オレンジ系のアロマオイルも数種類に分かれますが、メジャーなのはスイートオレンジでしょうか。

 

最近急増しているパニック症状にもよく効くアロマオイルとして注目されています。

 

パニック状態の精神を落ち着かせる作用があるぐらいですから、オレンジの鎮静作用は素晴らしいものです。

 

アロマオイルのオレンジの香りを深く吸い込むうちに、緊張とストレスが自然にほぐれ、落ち着くことができます。

 

しかも、ただリラックスするだけではなく、身体の調子も整えられ、気分もリフレッシュすることができるのでアクティブになりたい時にもぴったりです。

 

食欲がない時も、スイートオレンジの香りで自然にお腹が空く感覚を取り戻すことができる筈です。

 

ビターオレンジを使用する際の注意点

 

ビターオレンジはスイートオレンジよりも更にデリケートな香りが特徴的ですが、光感作作用があるので希釈する時は1%程度に留めて下さい。

 

 
肌に直接塗布する時、原液使用はNGです。

 

また、ビターオレンジ特有の光毒性の為、スキンケアに使った後日の光を浴びないようご注意下さい。

 

紫外線の当たらないところでも、少々刺激があるので敏感肌の方はビターオレンジよりもスイートオレンジを選んだ方が無難かも知れません。

 

イライラした時に効果的な5つのおすすめアロマオイルとは?

イライラ アロマ

アロマオイルでイライラする気持ちから解放されたいなら、香りを嗅ぐだけで気分が明るくなるオレンジ・スィートをまずは試してみて下さい。

 

よほど癖のある香りではない限り、果物の香りが嫌いと言う方はいません。

 

オレンジなどの柑橘系の香りは、特に万人受けする香りです。

 

ハンカチに1滴か2滴染みこませ、イライラした時に取り出して鼻にあてたとしても、周囲を不快にさせることはない筈です。

 

イライラしていて疲れている時は、苦味と甘味が適度にミックスしているネロリもオススメです。

 

同じイライラでも、プレッシャーによって神経が過敏になっている時は爽やかな柑橘系と甘いフローラルの香りがほどよく混ざったプチグレンが効果的です。

 

精神的な苦痛を与えられてしまった時は、青林檎のような爽やかな香りが特徴的なカモミールの香りを嗅ぐと瞬時にリラクゼーション効果を味わうことができるでしょう。

 

 
少々癖があるので好き嫌いが分かれる香りですが、イランイランのエキゾチックな香りは、強い緊張や不安の緩和にもよく効きます。

 

このように、同じイライラでも緊張から来るイライラなのか、疲れから来るイライラなのか、神経が尖っている理由によって最適なアロマオイルは異なります。

 

細かく使い分ければ、ご自身のストレスに押し潰されることなくうまくコントロールすることができるようになります。

 

また、こういったアロマオイルはイライラした時だけ一定時間香りを吸い込むことが重要で、何時間も部屋で焚きっぱなしにするような使い方は避けましょう。

 

鼻が慣れてしまって効果も感じにくくなりますし、アロマオイルの使い方にもメリハリが必要です。

 

よく読まれている人気記事
最近の投稿