ホホバオイル

ホホバオイルの凄い効果

ホホバオイルの効能や効果などの豆知識や、美容や育毛に関する情報を解説しています。

ココナッツオイルの知られざる便秘やニキビなどの怖い副作用とは?

ココナッツオイルの副作用

ココナッツオイルの副作用やケトン体、便秘やニキビについて詳しい情報をお伝えしましょう。

 

便秘対策や美肌対策の為にココナッツオイルを常備している女性が急増中ですが、食用として用いる時、副作用の心配はあるのでしょうか。

 

結論から申し上げますと、オリーブオイル同様ココナッツオイルも薬ではなくあくまでも油なのでほとんど副作用はありません

 

もちろん、オイルなので連日過剰摂取してしまうとお腹が緩くなる反応は起きるかも知れません。

 

カロリーオーバーにならないよう、摂取量を制限し、下痢になるようなら少量ずつ試しながら献立に取り入れてみて下さい。

 

 
多くても1日に大匙2杯を超えて摂取しないよう、注意しましょう。

ココナッツオイルブームの火付け役、ミランダ・カーは毎日大匙4杯も摂取しているそうですが・・・。

 

常識の範囲内で摂取している分には、健康被害を及ぼすようなオイルではありません。

 

むしろ糖尿病や認知症の予防、改善に役立つケトン体を増やす中鎖脂肪酸を豊富に含む、非常にヘルシーなオイルです。

 

過剰摂取しても太らない理由

 

ちなみに、ココナッツオイルはオイルなので確かにカロリーは低くありません。けれど多少多めに摂取しても太ることは心配しなくて大丈夫です。

 

通常のオイルにはコレステロールを増やす飽和脂肪酸をたっぷり含んでいるので、たくさん摂り過ぎると動脈硬化や肥満トラブルを招きやすくなります。

 

一方、ココナッツオイルの脂肪酸は一般的な食物オイルと比べるとエネルギーの吸収力が4倍高く、代謝速度は10倍も早い性質があります。

 

ラードやバターのようにすぐに体内に蓄積され、生活習慣病の発症率を高めることもありません。

 

むしろ脂肪が燃えやすい状態に導いてくれるので、ココナッツオイルダイエットのように減量対策にも使われているぐらいです。

 

より安全なココナッツオイルとは??

 

ココナッツオイルの約半分は、ラウリン酸と言う母乳の主成分でもある成分で占められています。

 

その他、食物繊維やビタミンEなど豊富な栄養素が詰まっていますから、本当に安心して摂取することができる貴重なオイルです。

 

もし、より安全なココナッツオイルをお探しなら、肝臓に負担をかける化学溶剤を一切使用していない天然のオイル、ヴァージンココナッツオイルを選びましょう。

 

要は精製されているかどうかの違いですが、普通のココナッツオイルは漂白工程、高温精製、脱臭工程が加えられています。

 

その為ココナッツの芳しい香りが失われてしまいますし、せっかくの栄養価も損なわれてしまう恐れがあるそうです。

 

その点、ヴァージンココナッツオイルは新鮮なココナッツの白い実の部分から水分を絞り出し、熱を加えず丁寧にミルクと水とオイルに分離させます。

 

9割近くが飽和脂肪酸で占められた安定性抜群のオイルなので腐りやすく、防腐剤を添加しなくてもフレッシュな状態を長くキープすることが可能です。

 

よく読まれている人気記事
最近の投稿