ホホバオイル

ホホバオイルの凄い効果

ホホバオイルの効能や効果などの豆知識や、美容や育毛に関する情報を解説しています。

超簡単!混ぜるだけで完成するオリジナルアロマクリームの作り方

オリジナルアロマクリーム

アロマオイルをクリームに混ぜるだけで、手軽にオリジナルクリームをこしらえることができます。

 

市販のクリームのテクスチャーは気に入っているものの、香りが物足りない・・・と感じることはありませんか?

 

大勢の消費者の好みに合わせて配合する市販品の香料は、どの商品もどうしても同じようなものになってしまいます。

 

手頃なお値段で購入することができるクリームは確実に原料代が安価な人工香料を使っていますから、安っぽい香りになってしまうのがネックですよね。

 

人工香料は皮膚にも良い影響を与えませんし、嗅ぐだけで心身を癒す程のパワーは持ちません。

 

むしろトイレの芳香剤のような香りに気分が悪くなることも、少なくありません。

 

ただ、本物のアロマオイルを使用しているクリームは品質が良いだけに値段も高額になります

 

 
あまりにも高いスキンケアクリームは、普段使いには向いていません。

毎日使うクリームは値段を気にせず惜しみなく使うことができるものでなければ、「ひと塗りいくら・・・」とストレスになってしまいかねません。

 

自作オリジナルクリームの作成方法

 

そこでおすすめなのが、市販の無香料クリームにアロマオイルを混ぜて作るオリジナルクリームです。

 

1週間から2週間程度で使い切れる分量を別の容器に取り分け、好みのアロマオイルを混ぜ込むことで、常にフレッシュな香りを楽しむことが可能です。

 

 
本物のアロマオイルを垂らして混ぜるだけで、数百円で購入した安価なクリームが驚く程ラグジュアリーな使い心地になります。

クリームに混ぜるのに最適なアロマオイルとは?

 

クリームに混ぜるアロマオイルに向いているのは、ジャスミンやイランイラン、ラベンダーなどで、ローズウッドやローズ・オットーなどローズ系もぴったりです。

 

 
敏感肌ならカモミールやティートゥリー、フランキンセンス、サンダルウッドなどのアロマオイルを混ぜてみて下さい。

特に肌の乾燥が激しい時はカモミールが最適です。

 

反対に油分が多い脂性肌にお困りなら、サイプレスやベルガモット、ジュニパー、マンダリン、レモンなどのアロマオイルでさっぱりさせましょう。

 

ヘアクリームに混ぜる場合、ドライヘア対策ならオレンジ・スィートやグレープフルーツ、抜け毛対策ならシダーウッドやヒノキ、ペパーミントがベストチョイスです。

 

香りが好みでも肌が過敏に反応することもありますから、必ずパッチテストをして赤く腫れないかどうか試してから使って下さい。

 

うがいに効果的な5つのアロマオイルの種類と効能とは?

アロマ うがい

アロマオイルをうがいに活用するなら、ティーツリーがぴったりです。

 

ティーツリーオイルは心身を癒す効果で知られていますが、その効能は科学データでも認められています。

 

殺菌力にも優れているので、1~2滴垂らしたお水をうがいに使ってみて下さい

 

ただし、うがいに使うティーツリーは100%オイルか20%希釈タイプのオイルがオススメです。

 

エクストラクトタイプは普通のオイルよりも強力な抗菌作用を備えているだけに、苦味も強くうがい用には不向きかも知れません。

 

他にもうがいと相性の良い沢山のアロマが!

 

ペパーミントもうがい用のアロマオイルの定番になっています。

 

さっぱりした香りでうがいにぴったりですし、抗菌作用、抗ウイルス作用も発揮してくれるので風邪の予防にもなります。

 

市販されているマウスウォッシュなどにも、ペパーミントはよく使われていますよね。

 

 
既に風邪をひいてしまい喉が痛い時は、ユーカリラジアタやローズマリーも試してみて下さい。

 

ローズマリーは気管支炎など呼吸器系のトラブルを対処する時にも、重宝するアロマオイルです。

 

フランキンセンスは肺のトラブルによく効くので、喘息など慢性的な喉の辛さにも役立ちます。

 

その他、ラベンダーやカモミールなど好みに応じてうがい用の水に垂らし、色々試してみましょう。

 

ただしうがいに使用するアロマオイルは、不純物のないピュアなものを選んだ方が無難です。

 

直接飲み込むわけではありませんが、添加物が多い品質のよろしくないものだと逆に粘膜への刺激になる恐れがあります。

 

シミ&シワ&くすみのない肌に変えるアロマオイルの魅力とは?

アロマオイル

アロマの成分に含まれる美肌効果を利用して、お肌の潤いだけでなく、様々なトラブルを改善していきましょう!

 

アロマには、身体のバランスやホルモンのバランスなどのを整える力があります。

 

そのため、お肌のトラブルから開放され、美肌になるには、このホルモンのバランスを整えることが凄い重要らしいですよ^^

 

いくらシミやソバカスなどをファンデ、コンシーラで隠せても、メイクを落としたら。。。やばいお肌なんて残念ですよね。。。

 

しかも、ファンデでは、シワとかくすみ、乾燥肌を隠せませんし;;

 

なので、お肌の調子をアップさせるには、新陳代謝の改善のスキンケアがとっても重要なんですよね。

 

アロマオイルを使ったマッサージにはベースオイルが必需品ですね。ベースオイルの働きは精油を希釈する働きのほかに、アロマオイルの成分を皮膚から体内まで運ぶ働きがあります。

 

でもいきなりアロマオイルを使うのは当然ダメですよ^^;必ずベースオイルを活用しましょう。スイートアーモンドオイルやホホバオイルはこういうベースにも凄い役立ちます。

 

お肌の悩みに合わせたアロマ選択方法

 

シミやくすみの悩みがある時には、新陳代謝を促すことが何よりも重要です。そのため、レモンやフランキンセンス、キャロットシードのアロマオイルが効果的です。

 

シワやくすみの悩みの際には、アンチエイジングを意識しないといけません。そんな時には、サンダルウッドやクラリセージのアロマが良いと言われています。

 

乾燥肌の悩みがある時には、保湿効果の高いと言われるカモミール、ローズウッドなどのアロマオイルを使用してお肌のマッサージをするようにしましょう。

 

 
ちなみに、カモミールは、ニキビの改善にも良いらしいですし。その他に、マンダリンなどのアロマもいいみたいですよ。

 

是非、しっかりと目的に合わせた最適なアロマ選択をしていきましょう。すぐに結果が出るものでないので、なによりも継続して習慣化することが大切だと思います^^頑張りましょう!

 

よく読まれている人気記事
最近の投稿