ホホバオイル

ホホバオイルの凄い効果

ホホバオイルの効能や効果などの豆知識や、美容や育毛に関する情報を解説しています。

ココナッツオイルの美容効果や効能がヤバい!

ココナッツオイル 美容

ココナッツオイルの効果、効能は健康、美容に本当に威力を発揮することを分かりやすくご説明したいと思います。

 

ココナッツオイルは積極的に摂取したい良質のオイルです。

 

油抜きダイエットと言う減量方法もあるぐらい、油はダイエットの大敵・・・と敵視されていますよね。

 

確かにオイルはカロリーが高く、揚げ物類を控えるだけで1日のトータル摂取カロリーをぐっと抑えることができます。

 

ただ、極端に油を避けてしまうと体重は落ちても髪がパサパサ、肌もガサガサとして全身の艶やかさが失われてしまいます

 

腹持ちも良いので、間食の誘惑に負けないよう上手く活用することもできます。

 

同じ油でもオリーブオイルやごま油のように植物性オイルなら、コレステロールで太る心配もありませんし血液の質を向上させる栄養素もたっぷり含まれています。

 

食べると痩せるオイル

 

ココナッツオイルも質の良いオイルの代表で、特に腸内環境の改善効果で注目を集めています。

 

ココナッツオイルが食べると痩せるオイルと賞賛されているのも、便秘改善効果がずば抜けて高いからです。

 

体内の老廃物、有害物の75%が便から排出されます。出口が詰まっている状態だと、どんなデトックス方法にトライしても意味がありません。

 

便秘状態だと腸壁から悪いものが再吸収されて血液を汚してしまうので、逆効果になることも・・・。

 

毎日数匙のココナッツオイル摂取を習慣にして、デトックス経路を確保しましょう。

 

オイルのネックを見事に払拭

 

ココナッツオイルは、通常のオイルが持つネックを見事に払拭している奇跡的なオイルです。

 

キャノーラオイル、コーンオイル、紅花オイルなどはトランス脂肪酸を多く含む為、たくさん摂り過ぎると肥満になりやすく、心臓疾患や動脈硬化などの病も招きやすくなります。

 

ところが、ココナッツオイルはトランス脂肪酸を含まない為、そういった心配は一切ありません。

 

しかも、同じようにトランス脂肪酸を含有しないオリーブオイルよりも酸化しにくい上、ビタミンEも豊富です。

 

定期的にココナッツオイルを摂取していると、脂肪が効率的にエネルギーに変えられ、余計な贅肉が蓄えられにくい状態を維持することができます。

 

通常のオイルは時間をかけて体内を巡り、脂肪として蓄積されやすい性質がありますが、ココナッツオイルは摂取後素早く肝臓に運ばれ即座にエネルギー化されるので、体内に蓄積するぐらい余りにくいのが特徴です。

 

また、ココナッツオイルを購入する時は、肝臓に負担をかける不純物を含まないエキストラヴァージンココナッツオイルを選びましょう。オーガニック製品なら更に理想的です。

 

グレープシードオイルの3つの魅力と効果を引き出すための注意点

グレープシードオイル 効果

アロマオイルとグレープシードオイルを比較し、効果を更に引き出す使い方を研究しましょう。

 

アロマオイルを使ったハンドメイドコスメにトライするなら、グレープシードオイルも是非キャリアオイルの候補に入れましょう。

 

グレープシードオイルは敏感肌から乾燥肌、脂性肌まで、幅広いタイプの肌質に対応することができる優秀なキャリアオイルです。

 

他のホホバオイルなどキャリアオイルより比較的値段も安い為、ボディ用ケアオイルとしてたっぷり使いやすい筈です。

 

グレープシードオイルの原料はワインを製造した後に残る葡萄の種ですから、100mlあたり1,500円程度で購入することができます。

 

グレープシードオイルの魅力

 

特に値段が高いキャリアオイルの月見草油やアボカドオイル、セントジョンズワートオイルは同じ量でも5,000円近くしますし、コストの安さも魅力の1つです。

 

もちろん安いからと言って高価なキャリアオイルより効能が劣るわけではありません。

 

香りやテクスチャーにも癖がない為、幅広い用途に用いることができますし、さっぱりしたつけ心地で引き締め効果も期待することができます

 

 
皮膚の潤い効果を高め、軟化させるエモリエント効果にも優れている為、トリートメントオイルやマッサージオイルにもぴったりです。

 

グレープシードオイルの注意点

 

グレープシードオイルはアロマオイルを溶かすキャリアオイル向けの美容オイルですが、最近は食用オイルの美容、健康効果にも注目が集まっています

 

サラダなどにかけても風味がアップしますし、カプセル状のサプリメントも売れています。

 

 

食用グレープシードオイルを摂取することで、悪玉コレステロールが酸化するのを防ぎ、アンチエイジング効果が得られるそうです。

 

 
ただし、グレープシードオイルは食用とスキンケア用では精製方法が異なります。

口に入れても安全な食用オイルこそ最高品質、と思われがちですが、実は食用オイルは旨みを残す為にあえて不純物を完全に除去しない傾向があります。

 

口にしても全く問題がない不純物も、肌には刺激が強過ぎることがありますし、アロマオイルと一緒に使うグレープシードオイルを探しているなら純度100%の専用オイルをチョイスしましょう。

 

いずれしても、グレープシードオイルは酸化を防ぐ為、日の当たらない冷暗所か冷蔵庫で保存し、開封後はできるだけ早く使い切ってしまうことが大切です。

 

ちなみに、スキンケア用のオイルは食用には作られていない為、口にしないようご注意下さい。

 

あなたに最適なホホバオイルの選び方のコツとは?

ホホバオイル 選び方

肌に良い商品と宣伝されているものはたくさんありますが、注目を集めているのがホホバオイルです。

 

数年前からほとんどの人がホホバオイルの存在を知っているのではないでしょうか。

 

しかし、実際に利用を開始する際には、どの商品を選んだら良いのだろうかと考えてしまうものです。
 

ホホバオイルにもいろいろな種類がありますから、選び方に注意をしなければなりません

 

あなたにあったホホバオイルの選択方法とは?

 

大前提として、なるべく添加物の含まれていないものを選ぶということです。純粋なオイルになればなるほど高い効果が期待できるのです。

 

選び方で問題になるのが、精製されたオイルにするか、未精製のオイルにするかという点です。
 

敏感肌の人は、精製された透明のホホバオイルを選んでおいたほうが無難です。→ホホバオイルの色の違い
 

栄養素は少なくなってしまうという問題があるのですが、値段も安く設定されていますし、ホホバオイル使用の最初のステップとしては丁度良いのかもしれません。

 

 
ビタミンやミネラルが豊富に含まれているのは未精製のオイルです。

 

精製品を使っても肌にトラブルが起きなくて、特に問題はなさそうということであれば、未精製のオイルを選んでみても良いのではないでしょうか。
 

最初から未精製のオイルを選ぶというのも、選び方として間違っているわけではありません。
 

肌の状態や自分の予算や用途により、適した商品を選んでいくのが一番良いでしょう。
 

ホホバオイルは、正しい使い方をすると高い効果を発揮する素晴らしいオイルですから、積極的に使用していきましょう。

 

よく読まれている人気記事
最近の投稿