ホホバオイル

ホホバオイルの凄い効果

ホホバオイルの効能や効果などの豆知識や、美容や育毛に関する情報を解説しています。

オレンジのアロマオイルの正しい選び方と効能とは?

アロマオイル オレンジ

アロマオイルのオレンジの香りが嫌い、なんて方は滅多にいません。それ程万人受けする爽やかな香りです。

 

名前だけではどんな香りかまるで想像できないアロマオイルも少なくありませんが、オレンジの場合よく知っている果実そのままの甘い香りが特徴的です。

 

オレンジ系のアロマオイルも数種類に分かれますが、メジャーなのはスイートオレンジでしょうか。

 

最近急増しているパニック症状にもよく効くアロマオイルとして注目されています。

 

パニック状態の精神を落ち着かせる作用があるぐらいですから、オレンジの鎮静作用は素晴らしいものです。

 

アロマオイルのオレンジの香りを深く吸い込むうちに、緊張とストレスが自然にほぐれ、落ち着くことができます。

 

しかも、ただリラックスするだけではなく、身体の調子も整えられ、気分もリフレッシュすることができるのでアクティブになりたい時にもぴったりです。

 

食欲がない時も、スイートオレンジの香りで自然にお腹が空く感覚を取り戻すことができる筈です。

 

ビターオレンジを使用する際の注意点

 

ビターオレンジはスイートオレンジよりも更にデリケートな香りが特徴的ですが、光感作作用があるので希釈する時は1%程度に留めて下さい。

 

 
肌に直接塗布する時、原液使用はNGです。

 

また、ビターオレンジ特有の光毒性の為、スキンケアに使った後日の光を浴びないようご注意下さい。

 

紫外線の当たらないところでも、少々刺激があるので敏感肌の方はビターオレンジよりもスイートオレンジを選んだ方が無難かも知れません。

 

あなたに最適なホホバオイルの選び方のコツとは?

ホホバオイル 選び方

肌に良い商品と宣伝されているものはたくさんありますが、注目を集めているのがホホバオイルです。

 

数年前からほとんどの人がホホバオイルの存在を知っているのではないでしょうか。

 

しかし、実際に利用を開始する際には、どの商品を選んだら良いのだろうかと考えてしまうものです。
 

ホホバオイルにもいろいろな種類がありますから、選び方に注意をしなければなりません

 

あなたにあったホホバオイルの選択方法とは?

 

大前提として、なるべく添加物の含まれていないものを選ぶということです。純粋なオイルになればなるほど高い効果が期待できるのです。

 

選び方で問題になるのが、精製されたオイルにするか、未精製のオイルにするかという点です。
 

敏感肌の人は、精製された透明のホホバオイルを選んでおいたほうが無難です。→ホホバオイルの色の違い
 

栄養素は少なくなってしまうという問題があるのですが、値段も安く設定されていますし、ホホバオイル使用の最初のステップとしては丁度良いのかもしれません。

 

 
ビタミンやミネラルが豊富に含まれているのは未精製のオイルです。

 

精製品を使っても肌にトラブルが起きなくて、特に問題はなさそうということであれば、未精製のオイルを選んでみても良いのではないでしょうか。
 

最初から未精製のオイルを選ぶというのも、選び方として間違っているわけではありません。
 

肌の状態や自分の予算や用途により、適した商品を選んでいくのが一番良いでしょう。
 

ホホバオイルは、正しい使い方をすると高い効果を発揮する素晴らしいオイルですから、積極的に使用していきましょう。

 

黄金色と無色透明のホホバオイルって何が違うの?

ホホバオイル 色

ホホバオイルを利用しようと考えても、黄金色のものと無色透明のものがあるので、どちらを購入すればいいのかわからないと悩む人がいます。

 

確かに、商品によって色が全く違うので、悩んでしまう人が多いのも理解できます。基本的には無色透明のものの方が価格が安く設定されています。

 

黄金色(黄色)のものとはどのような違いがあるのかというと、ホホバオイルを精製してあるかしていないかの違いです。

 

精製してあるホホバオイルは透明になっており、比較的肌の弱い人でも安心して利用することができます。その代わり、精製されているホホバオイルは、精製されていないホホバオイルと比べてミネラルやビタミンの含有量が少なくなっています

 

ですから、その違いを重要視するかどうかによって、透明のオイルを選ぶのか黄金色のオイルを選ぶのか決定することができます。

 

ただ単に安心して利用できるオイルを使いたいのであれば、精製済みのオイル(透明のホホバオイル)を選択すると良いでしょう。

 

 
肌質の改善など、高い効果を期待しているのであれば、精製されていない商品を選ぶと良いかもしれません。

肌がとても弱い敏感肌の人は、反応を起こしてしまう場合がありますので、最初は慎重に使用した方が良いです。

 

しかし、肌質を良くするための成分が豊富に含まれていますから、今まで抱えていた肌の悩みを解決できる可能性は高くなります。

 

基本的に未精製の黄金色(黄色)のホホバオイルの値段は精製品と比べて高く設定されていますが、1本購入すると長い間使用できるので、コストパフォーマンスは高いオイルです。

 

ホホバオイルに沈殿物が発生しても捨てちゃダメよ〜ダメダメ!

ホホバオイル 沈殿

ホホバオイルを利用している人は、年々増えていると言われています。化学物質に反応してしまう肌をもっている人が増えているということが理由なのでしょう。

 

敏感肌の持ち主としては、なるべく無添加のオーガニック商品を使いたいと考えるのは当然のことです。

 

ホホバオイルはクレンジングオイルとしても利用できますし、保湿のためのオイルとして、化粧水と共に利用することもできます。

 

毛穴をきれいにするという効果も期待できますから、万能なオイルとして有名です。

 

良質なホホバオイルを選んだ方が良い理由とは?

 

一度購入してしまえば、長い間使うことができるので、なるべく良い商品を選んだ方がお得です。

 

保存している間に沈殿物が発生する場合がありますが、これはオイルの質が悪くなったという事ではありません

 

周りの温度に合わせて白い沈殿物ができるという特徴がありますので、気になるようでしたらオイルの瓶をぬるま湯につけると、透明の状態に戻ります

 

沈殿物が発生したからといってオイルを捨ててしまうことがないように、最低限の知識はもっておきましょう。

 

ホホバオイルは、手に入れづらいと考えておられる方も多いですが、オーガニックショップや大手のチェーン店にも売られています。

 

もし近所に購入できるようなお店がないのであれば、インターネットを利用して購入することができます。

 

ホホバオイルは万能オイルですから、化粧品の選択に悩んでいる人は、一度購入を検討してみると良いでしょう。思った以上の効果が期待できるかもしれません。

 

よく読まれている人気記事
最近の投稿