ホホバオイル

ホホバオイルの凄い効果

ホホバオイルの効能や効果などの豆知識や、美容や育毛に関する情報を解説しています。

ココナッツオイルの料理への正しい使い方と最適な摂取量とは?

ココナッツオイル料理

ココナッツオイルを毎日大匙2杯摂取することで、太りにくく痩せやすい体質に体質改善することができる上、肌の調子も整えられます。

 

減量効果を狙うならコーヒーに混ぜるのが一番効果的だと言われていますが、毎日飽きずに続ける為にお料理にも上手く取り入れてみて下さい。

 

ご参考までに、ココナッツオイル料理の使い方や摂取量についてお話したいと思います。

 

ココナッツオイルを料理に使うと言っても、そもそも加熱しても栄養は損なわれないのでしょうか。

 

ココナッツオイルは加熱してもOK??

 

結論からも申し上げますと、ココナッツオイルは非常に熱に強い性質があり、200℃まで加熱しても中鎖脂肪酸などの有効成分が壊れることはありません

 

ちなみに200℃以上の熱で万病の元と言われるトランス脂肪酸が発生する恐れがあるので、ココナッツオイルを調理する時もご注意下さい。

 

ただ、天ぷらやフライを高温で揚げる時も190℃あれば十分ですから、家庭料理で200℃以上に加熱することはほとんどない筈です。

 

グラタンなどオーブン料理以外なら、ほとんどのメニューに使うことができます。

 

 
ココナッツオイルの摂取量は大匙2杯程度が目安になります。

急に大量に摂るとお腹が緩くなる恐れがありますので、便秘体質でもなく下痢は避けたいなら少量ずつ試してみましょう。

 

1日100CC摂取するケトン体質ダイエット

 

通常、ココナッツオイルを美容、健康に役立てたい場合は大匙2杯ぐらいが丁度良い量になりますが、減量目当てで特別なダイエットをするなら1日100ccまで摂取可能です。

 

ご長寿番組「世界ふしぎ発見」でも紹介されたケトン体質ダイエットは、糖質を厳しく制限しながらココナッツオイルをたっぷり摂取し、痩せることができます。

 

糖質を制限することで脂肪を分解し、ケトン体を増やす中鎖脂肪酸を多く含むココナッツオイルをたっぷり摂取することで、糖質制限ダイエットの効果が飛躍的に高まるそうです。

 

 
番組内でも、たった4習慣で体重が7キロも減り、ウエストも7cm以上細くなるほど、成果を出すことに成功していました。

ご飯やパン、甘いものなど炭水化物を抜きながら毎日100ccのココナッツオイルを摂取しますが、野菜や果物、ナッツに含まれる糖質はあまり気にしなくて構いません

 

一般的なカロリーとは異なり、カロリーは制限されませんので、細かいカロリー計算にうんざりしている方にもぴったりでしょう。

 

1日100ccものココナッツオイルを摂取するのは大変そうに感じるかも知れませんが、ドレッシングや飲み物に混ぜるとあまりオイルと言うことを意識せずに摂りやすくなります

 

もしどうしても液状のまま飲むのがきつい、と言うことであればカプセルに詰め込まれたサプリタイプのココナッツオイルもあるのでチェックしてみて下さい。

 

よく読まれている人気記事
最近の投稿